髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

メーカー別のシェーバー性能比較表

最新モデルを網羅!メーカー別のシェーバー性能比較表

myshavers

BRAUN

PHILIPS

Panasonic

HITACHI

 ■各メーカーのラインナップへジャンプします。

 どのメーカーが自分に向いているか悩んでいる方は以下のページをご参考下さい。

 

BRAUN(ブラウン) -深剃りに強い往復式シェーバー

braun-model_banner2BRAUNはトラディッショナルな往復式シェーバー。数年前のイメージとは異なり肌への優しさが向上、比較的マイルドな剃り心地が得られる。極薄のトリマー刃が搭載されたシリーズ9は「くせヒゲ」や「寝たヒゲ」に対してのカット性能が高い。ひげの量が多い、濃い方は上位モデルから検討していくことをおすすめ。

また、お風呂剃り対応・非対応モデルがあるためウェット剃り派はモデル選びに注意。生産国はシリーズ5以上がドイツ製、下位モデルは中国製となる。

 

Philips(フィリップス) -肌にやさしい回転式シェーバー

philipsmodelbanner2回転式駆動の刃を採用し、他メーカーより肌へ優しく剃り上げるのが魅力。

上位モデルほど深剃り性能も向上するため、肌が弱くひげも濃い人は9000シリーズや7000シリーズなどのハイエンドモデルがおすすめ。一方で、ひげの薄い人にはミドルエンド、ローエンドモデルでも十分な性能を発揮します。

 

Panasonic(パナソニック) -「深剃り」と「早剃り性能」を追求した日本生まれのシェーバー

panasonic_model_banner2Panasonicのラムダッシュシリーズは独自のリニアモーター搭載により回転数が速く、他メーカーより早剃り性能が極めて高い。

また、電気シェーバー市場唯一の5枚刃ヘッド、日本刀の原材料として知られる安来鋼(ヤスキハガネ)の採用、肌に密着する前後左右上下への首振り性能など、独自の技術が詰め込まれている。

髭が濃く、とにかく深剃りしたいという人には現状ではラムダッシュシリーズが最もお薦め。お風呂剃り対応・非対応モデルがあるため、ウェット剃り派は要確認。

 

HITACHI(日立) -唯一のロータリー式シェーバー

hitachi_shavermodel日立はシェーバー市場で唯一「ロータリー式」と呼ばれる駆動方式を採用。

カミソリと似た使い勝手で慣れが必要ですが、刃の進行方向や自分のヒゲの向きを把握しておくことで肌に優しい深剃りが期待できます。エスブレードシリーズはロータリーではなく通常の往復式シェーバー。

rm-lx2_review (16)日立(HITACHI)ロータリージーソードRM-LX6D/RM-LX5D/RM-LX3の性能比較表(2016年モデル)
http://kadenfan.hitachi.co.jp/shaver/lineup/rm-lx2d/index.html日立(HITACHI)ロータリーシェーバー(2014-2015年モデル)
hitachi-s-blade (4)日立(HITACHI)エスブレードシリーズ性能比較表

 

健やかな肌を保つにはシェービングケアも忘れずに

pola_mergence (1)

シェービング前に肌滑りをよくするために使用するのが「プレシェーブローション」。シェービング後のケアに使用するのが「アフターシェーブローション」です。

肌へのダメージを軽減するために、プレシェーブ・アフターシェーブ剤をうまく活用しましょう。

preshavelotion-hikaku (87)電気シェーバーにおすすめな「プレシェーブローション」の種類と役割
utena-mens-lotion (9)アフターシェービングケアに最適なローション・乳液のまとめ

 

性能比較表をみる時のポイント

■お風呂剃りや充電方式をチェックしましょう。

各メーカーのモデル・型番ごとに細かな違いがあります。洗浄器の付属の有無、お風呂剃りは可能なのか、充電方式はどうなのか、など自分の求める機能が搭載されているかチェックし、自分の使用環境に合った電気シェーバーを選びましょう。

hikakuhyounomikata

 

■近年増えつつある「お風呂剃り対応シェーバー」とは?

ohurozori-electric-shaver

お風呂剃りは「ウェット剃り」とも呼ばれ、ジェルやシェービングフォームを用いて剃ることを指します。髭が柔らかくなり肌への摩擦抵抗も減るため、肌の弱い人にオススメの剃り方です。

お風呂剃り対応を謳ったシェーバーは、IPX7基準などを満たした防水仕様です。感電防止の観点からほとんどのお風呂剃りシェーバーが「充電式」を採用しています。

【充電式と充電交流式の違い】
・充電式は、ACアダプターで給電しながら使用することができません。
・充電交流式は、給電しながら使用することができます。

 

■予算に合ったモデルを探しましょう。

illust3470各メーカーは高いモデルから安いモデルまで幅広く販売しています。例えば、「ひげの薄い人」が何万円もする深剃り向きのシェーバーを買ってもオーバースペックな場合があります。逆に「ひげの濃い方」が数千円の下位モデルを購入しても剃り味に不満が残り、結局買い替える事になることも。

予算内でどのような機能を搭載したシェーバーが買えるのか「メーカー別にチェック」し、違いや特徴を理解した上で予算内で最も自分に適したシェーバーを選びましょう。

 

■通販サイトでレビューもチェックしましょう。

実際に使用した人の意見はメリットやデメリットも聞けるため非常に参考になります。性能比較表から直接レビューページへリンクしてありますので、購入前には是非レビューもチェックしてみましょう。ただし、人それぞれの肌や髭の質によって合う合わないといった相性があるため、全てのレビューを鵜呑みにするのではなく有用だと思うレビューをピックアップするのがポイントです。shaver-amazon-reviewcheck

高評価や低評価だけでなく「★★★☆☆」など、星3つ程度の中評価もチェックしてみると有用なレビューが見つかることがあります。

 

なぜ購入前に比較することが大事なのか

シェーバーは様々なモデルがあり人それぞれの肌の弱さ、ヒゲの濃さや硬さなどによって適した機種が異なります。個人個人に合った電気シェーバーは異なり、使用感も個人差があるため絶対的評価が付けにくい家電です。

たとえば、肌の弱い人はフィリップスの回転式が良いとされていますが、深剃りは苦手といわれています。では、「肌も弱くヒゲも濃い」という方はフィリップスのどのモデルを買えば良いの?という疑問が湧くはずです。ヒゲの濃い人にはパナソニックやブラウンの往復式シェーバーが適していますが、回転式に比べ肌への負担は大きくなりがち。つまり、肌への優しさと深剃りはトレードオフの関係にあります。

もし「肌も弱くヒゲも濃い」という方がシェーバーを比較・検討するのであれば、なるべく肌への負担が少ない往復式のトップエンドモデルや、回転式で深剃りにも強い上位機種を選択肢に入れることで自分にあったシェーバーがだいぶ絞れてくると思います。例えば2016年10月現在のモデルですと、9000シリーズ(回転式)やラムダッシュ5枚刃(往復式)、ブラウンシリーズ9(往復式)が該当します。

このようにメーカーやモデルごとに比較することがこれから長い付き合いになるシェーバーを選ぶ際のポイントとなりますので、値段や見た目だけで適当に選んだりせず、しっかりと性能も見極めて後悔のない買い物をしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る