髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

【2018年版】ボディトリマーの性能比較表(PHILIPS / Panasonic / BRAUN)

LINEで送る
Pocket

ボディトリマーの特徴と用途(無駄毛、体毛処理)

無駄毛や体毛の処理が行えるボディトリマー

http://amzn.asia/itkGae3

ボディトリマー(ボディグルーマー、ボディシェーバーなどメーカーによって呼び方が異なります。)は、全身のムダ毛処理用のグルーミングアイテム。ヒゲトリマーやバリカンなどと基本的な構造は似ていますが、ワキ毛、胸毛、スネ毛、腕毛、さらにはアンダーヘアなどVIO処理をする際にも優しく好きな長さにお手入れできるよう、各メーカーが工夫を凝らしたモデルを発売しています。

殆どのボディトリマーは防水であり、トリミングを行ったあとの洗い流しも非常に手軽。ボディソープなどを用いてより摩擦抵抗を抑えたシェービングも可能です。

なぜボディトリマーを使うの?どんな人におすすめ?

トリミングの他に、ムダ毛処理には「除毛・脱毛」といった方法があります。もし、体毛をツルツルに無くしてしまうことが理想であれば、トリミングではなく除毛クリームや脱毛サロンに通うのが一般的。ただし、サロンに通う手間やコスト、除毛用クリームが肌に合わないなどデメリットも存在します。

一方で、ツルツルにするよりもある程度の自然な毛が残したい・薄く見せたいといった場合にはボディトリマーの使用が最適。コームで好みの長さに自然に整えることができます。

ボディトリマーでスネ毛をトリミング、ビフォーアフター画像

「カミソリでスネ毛を剃ったらブツブツになってしまった・・・」、「クリームで肌荒れしてしまった・・・」などの失敗がないのがトリミングの魅力。肌が荒れやすい敏感肌の人にもおすすめです。

ハサミでカットすればいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、スネ毛や脇毛などをハサミで処理しようとするとかなりの時間と手間が掛かってしまいます。ボディトリマーならば短く切り過ぎることもなく、肌を傷つける心配もないため安心して使用することができます。

ボディトリマーの選び方は?

男性向けボディトリマーを販売している主なメーカーは、PHILIPS・パナソニック・BRAUNの3社。各社とも電気シェーバーヒゲトリマーなどを開発・販売していることもあり、刃の切れ味は抜群です。

各メーカーの特色としてお国柄が出ているのも面白い点。

オランダに拠点を置くPHILIPSは背中の毛まで処理できるアームを付属するなど個性的なモデルがあり、日本メーカーであるパナソニックはデリケートゾーンまで優しくトリミングできるモデルなどを販売。

ドイツのBRAUNにいたっては、T字カミソリ用の刃とトリミング刃を一体化させるなど面白い試みを行っています(残念ながら現行モデルの販売はなし)。

各メーカーのモデル一覧へジャンプします

PHILIPS

Panasonic

BRAUN

PHILIPS ボディグルーマーの性能比較表

スマホや画面幅が小さい場合は横にスクロールできます。

メーカーPHILIPSPHILIPSPHILIPSPHILIPS
発売年2016201820182016
モデル名TT2040/15BG5020/15BG3012/15BG1022/16
sirosikaku
替刃TT2000/43TT2000/43TT2000/43-
コーム対応長さ3~11mm
(2mmごと)
3・5・7mm3mm3mm
3D密着ヘッド---
エクステンションアーム---
本体丸洗い
お風呂剃り
電源方式充電式充電式充電式
単3アルカリ乾電池1本
電池の種類ニッケル水素リチウムイオンニッケル水素-
充電時間約1時間約1時間約8時間
使用時間約50分約60分約50分約45分
充電スタンド付属---
本体質量204g 136g135g80g
=Amazon
=楽天市場
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想


PHILIPSのボディグルーマー(2018年現行モデル)は全4モデル。

3D密着ヘッドで肌にしっかりと密着するTT2040/15、エクステンションアームで背中など届きにくい部分も処理できるBG5020/15、手頃なスタンダードモデルのBG3012/15、乾電池で駆動するコンパクトモデルのBG1022/16とそれぞれ特色が異なります。

全モデル共通事項

PHILIPSのボディグルーマーは全機種が防水モデル

PHILIPSのボディグルーマーは4モデルとも「本体丸洗い&お風呂剃り」に対応した防水機種(IPX7)。シャワールームでも使用でき、丸洗いも可能です。

2年保証&オイル差し不要

https://www.philips.co.jp/

PHILIPSのボディグルーマーは本体2年間保証に加え、オイルを差す必要はありません

PHILIPS ボディグルーマー各モデルの特徴

TT2040/15

TT2040/15

2016年に発売したTT2040/15は、TT2039(2012年)の後継モデル。カラーリングがシルバーに一新され、1時間での急速充電が備わりました。

本体の両端はそれぞれ刃を搭載したデュアルヘッド仕様になっており、トリミング用、深剃り用シェービングヘッドの2つの機能を使い分けることができます。

トリミングコームは2mmごと5段階に調節可能。PHILIPSボディグルーマーの中では最も調節幅が広く、好みの長さで自然なスタイルに仕上げることができます。

3D密着ヘッドは身体のあらゆる凹凸、表面に柔軟に沿ってストロークさせやすく自在なお手入れが可能。丸みを帯びた刃先を採用し、シェービング中の肌をやさしく保護します。


 

BG5020/15

BG5020/152018年モデルのBG5020/15は、リチウムイオン電池搭載のボディグルーマー。

シェービングヘッドは前述したTT2040/15の3D密着ヘッド側と同じ刃を搭載。コームなしでの深剃りはもちろん、シェービングヘッドにコームを装着することで3mm、5mm、7mmのトリミングが可能です。

持ち手が長く伸びるエクステンションアームが付属。背中などの自分では届きにくい部分のムダ毛処理に最適です。


 

BG3012/15

BG3012/15

BG3012/15は、同じ2018年モデルであるBG5020/15とほぼ同形状のボディグルーマー。違いとしては、搭載バッテリーがニッケル水素電池であり、付属コームが3mmだけという点。エクステンションアームは付属しません。


 

BG1022/16

BG1022/16

2016年に発売したBG1022/16は、BG1024/16(2015年)の後継モデル*。

スリムデザインで範囲の小さいデリケートな部分にも使いやすく、携帯にも適したコンパクトタイプ。 好きな場所に引っ掛けておけるシャワーコードが本体に付属しており、収納にも便利なモデルです。

*型番変更による大きな変更点はなし。

Panasonic ボディトリマーの性能比較表

スマホや画面幅が小さい場合は横にスクロールできます。

メーカーPanasonicPanasonicPanasonic
発売年201720182013
モデル名ER-GK60ER-GK70ER-GK40
sirosikaku
替刃ER9500ER9500ES9779(外刃)
ES9752(内刃)
コーム対応長さ3・6mm3・6・9mm3・6・9mm
肌ガードアタッチメント2mm2mm-
シェービング--
本体丸洗い
お風呂剃り
電源方式充電式充電式充電式
電池の種類ニッケル水素ニッケル水素ニッケル水素
充電時間約8時間約8時間約12時間
使用時間約40分約40分約30分
充電スタンド--付属
本体質量140g140g140g
=Amazon
=楽天市場
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想


Panasonicのボディトリマー(2018年現行モデル)は全3モデル。

お尻やビキニゾーンを整えやすく最適化されたER-GK60、ER-GK70は特に人気の売れ筋商品。2013年発売のER-GK40は、シェーバーとトリマーで「剃る、整える」の1台2役の使用が可能なモデル。

全モデル共通事項

Panasonicのボディトリマーは全機種が防水モデル

Panasonicのボディトリマーは3モデルとも「本体丸洗い&お風呂剃り」に対応した防水機種(IPX7)。シャワールームでも使用でき、丸洗いも可能です。

刃の潤滑性を保つメンテナンスオイル

ボディトリマーの刃とブラシ、メンテナンスオイル

本体の保証期間は購入日から1年間。使用前後はオイルの注油が必要です。購入時のオイルがなくなった場合は、Panasonic純正の滴下式オイル ES003Pを使用します。

※1 社団法人日本船舶品質管理協会 製品安全評価センターにてIPX7基準(水深1メートルに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の浸入がない)検査をクリア。

Panasonic ボディトリマー各モデルの特徴

ER-GK60

ER-GK60

2017年に発売したPanasonicのボディトリマー ER-GK60は逆手持ちもしやすいI字シェイプ型。3mm、6mmのコームの他、デリケートな部分に使用できる2mmの肌ガードアタッチメントが付属します。

先端が尖っていないワイド&ラウンド形状の刃は肌のやわらかい部位でも安心。さらに、狭い隙間にも届きやすいV字ヘッドを採用することでアンダーヘアなどデリケートな部分もトリミングしやすく設計されています。


 

ER-GK70

ER-GK70

2018年に発売されたER-GK70は、前年に大ヒットしたER-GK60の後継モデル。本体カラーがブラックに一新され、9mmのアタッチメントが追加されました。


 

ER-GK40

ER-GK40

2014年発売のER-GK40はトリマー刃とシェービングヘッドを備えたロングセラー商品。自然な長さに残したい部位、完全に剃ってしまいたい部位に合わせて1台2役の使用が可能です。

脇や胸、足や腕などはトリマー刃で短くしてからシェーバーで仕上げ、といった整え方が1台で完了するのもER-GK40の魅力。長さを残したい部位には3、6,9mmのアタッチメントが用意されています。

BRAUN ボディシェーバーの性能比較表

メーカーBRAUN
発売年2012
モデル名Cruzer(クルーザー)6 body
sirosikaku
Cruzer6 body
カット対応長さ0mm、0.6mm、3mm、8mm
水洗い
お風呂剃り
電源方式充電式
電池の種類ニッケル水素
充電時間12時間
使用時間約50分
本体質量141g
=Amazon
=楽天市場
レビュー
感想
生産終了品

BRAUNのボディシェーバーは現行モデルの販売はありません(2018年6月現在)。2012年から販売されたCruzer6 bodyの後継モデルは発表されておらず、Cruzer6 body自体も生産終了となり現在は入手困難です。

Cruzer6 bodyはジレットの5枚刃を搭載

BRAUNのCruzer6 bodyは毛を短く揃えるトリマー刃の他、ジレットのT字5枚刃が搭載されています。

ある程度の長さを残したい部分はトリミング用の刃で0.6mm、3mm、8mmに揃え、ツルツルに剃りたい部分はT字カミソリで剃るといった「整える・剃る」の2役を1台に兼ね備えています。

http://www.braun.com/

http://www.braun.com/

長い毛はいきなりカミソリで剃ると毛が引っかかりがち。Cruzer6 bodyはトリマー刃で短く処理しながらカミソリで剃り進めることができるため、肌に優しくムダ毛処理を行うことが可能です。

防水モデルのためお風呂場での使用もOK。

Cruzer6 bodyの替刃交換

ジレットフュージョンシステムをそのまま搭載しているため、通常のT字カミソリ用替刃(フュージョン5+1)を使用できます。

 

▶電気シェーバーの性能比較表へ

▶ヒゲトリマーの性能比較表へ

▶鼻毛カッターの性能比較表へ

 

関連リンク】 
株式会社 PHILIPSジャパン
Panasonic公式サイト
BRAUN 公式サイト

*内容は新製品発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

LINEで送る
Pocket

メーカー別の電気シェーバー性能比較表
スポンサーリンク


ページトップへ戻る