髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

肌が弱く「剃るとヒリヒリする人」におすすめの電気シェーバーはどれなのか

      2017/03/16

【購入者の悩み】
・T字カミソリを使用しているが、カミソリ負けが多く剃った後も肌が赤くなる。
・剃った後はヒリヒリして毎回血が出る。
・ジェルや刃の費用が毎月2~3000円かかっている。
・肌は弱く乾燥・敏感肌。
・とにかく肌にやさしい電気シェーバーが欲しい。
・首下まで髭があるので、剃り残しのないものが良い。
・できれば深剃りしたい。

T字カミソリだと剃刀負けする原因

一般的に電気シェーバーよりT字カミソリのほうが肌への負担は大きいとされています。なぜかというとT字カミソリは肌へ直接刃を当てながら剃るため、どうしてもヒゲを剃ると同時に皮膚へのダメージが生じてしまうためです。

シェービングフォームやジェルなどを使用すれば、刃のすべりが滑らかになり肌への負担も少なくなります。しかし、極端に肌の弱い人はそれでも剃刀負けが起きてしまうこともあります。また敏感肌でない人でも深剃りしようと刃を強く押し付けたり、何度も逆そりすることでヒリヒリしたり血が出る原因になります。

もしT字カミソリを使用する場合は、5枚刃など刃の多いT字カミソリの使用がおすすめです。1回のストロークで多くのヒゲを剃れること、さらに肌への圧力が多枚刃へ分散されることにより剃刀負けしにくくなります。

多枚刃のT時カミソリとしてはジレット プログライドシリーズやシック ハイドロ5などが肌への負担も少なく売れ筋です。もし肌が弱い人が使用するのであれば摩擦軽減のための振動付きモデルが良いでしょう。

T字カミソリではなく電気シェーバーを使うメリット

どんなに刃の多いT字カミソリであっても、電気シェーバーに比べればやはり肌への負担は大きくなりがちです。電気シェーバーは外刃とよばれる部分(編み編みのヘッド)でヒゲをキャッチし内刃でカットする仕組みなので、直接肌に刃が触れないため剃刀負けが起きにくいメリットを持ちます。

また、T字剃刀ですと替刃を数週間ごとに頻繁に交換しなければいけません。メーカーはホルダー本体を安く提供し替刃で利益を上げるというマーケティング姿勢ですので、どうしても消費者にとっては金銭的負担になります。とくにヒゲが濃かったりすると刃はすぐにダメになり、剃り味が落ちると何度も往復させたりヒゲが引っかかるなど肌へのダメージにつながり悪循環に陥ります。

By: Adrian

By: Adrian

その点、電気シェーバーは本体価格が高い反面で替刃は2年程度の交換で済むというメリットがあります。特に電気シェーバー市場に代表されるPHILLIPSのモデルは自動研磨機能とよばれる仕組みを採用しており、シェーバーを使用する度に刃が磨かれ剃り味が落ちにくくなっています。

初期投資こそ電気シェーバーは高く付きますが、電気代なども含めても長期的にみれば頻繁にT字剃刀の刃を交換することを考慮すると、電気シェーバーのほうがコストが安く挙がるケースも多いです。

 

とにかく肌にやさしい電気シェーバーなら「回転式モデル」を選択すべき

シェーバーには大きく「往復式」「回転式」があります。

往復型(BRAUN・パナソニック)

・回転式に比べると肌への負担は大きい
・素早く剃れる
・駆動音が大きい

回転型(フィリップス)

・肌に優しい
・早剃りには向かない
・駆動音が静か

肌が弱い人が使うべきシェーバーはPHILLIPSの回転式シェーバー

往復式シェーバーが「バリバリ」とヒゲを刈り取るイメージだとすると、回転式シェーバーは「シャー」となでるように剃り上げるイメージ。皮膚への負担も少なく、駆動音もとても静かです。敏感肌などで肌が弱く、髭剃りで肌が赤くなったり血が出るという人は回転式を選択する人が多いです。

しかし回転式にはデメリットも

肌に優しいということは、深剃りは苦手ということです。シェーバーにおいて「肌への優しさ」と「深剃り」は磁石のプラスとマイナスのようなもので、どちらかを立たせればどちらかが立たずというなんとも難しい課題とされています。しかし、メーカーの絶え間ぬ努力と最新技術の搭載によりこの2つを両立させているシェーバーもあります。

「肌への優しさ」と「深剃り」を両立させた9000シリーズ

PHILLIPSの3ヘッドの電気シェーバーは1966年に誕生して以来、幾度のモデルチェンジを繰り重ねてきました。ブラウンやパナソニックが往復式の「深剃り」を追求する中でPHILLIPSは回転式にこだわり、現在では肌へ優しいシェーバーならばフィリップス一択とまで言われるまでになりました。しかし、その一方で深剃りには向かないとされヒゲの濃い人には敬遠されがちだったのも事実です。

-s9712philips

しかし、昨年4年ぶりにフルモデルチェンジされた9000シリーズはユーザーの求める「肌への優しさ」「剃り残しの少なさ」「深剃り性能」という、なんと電気髭剃りの課題とされる3つのニーズに答える機種となりました。

この3つのニーズを実現するため、各ヘッドを浮き沈みさせる「輪郭検知テクノロジー」、外刃と内刃をV字型にした「ダブルVトラック刃」など最新のテクノロジーを搭載しています。

【詳細ページ】
PHILIPS(フィリップス) 9000シリーズの性能比較表(2015-2016年モデル)

深剃りできて肌にやさしい回転式という理想の形が9000シリーズであり、従来機種に比べても最大30%の深剃りが可能になっているというデータも発表されています。9000シリーズは回転式にこだわり続けたフィリップスの歴史と技術の結晶ともいえます。

もしあなたがヒリヒリせず深剃りもできる電気シェーバーをさがしているのであれば、9000シリーズという選択肢はおすすめです。

9000シリーズにも型番が色々あるけれど違いは?

どの型番もシェーバーとしての基本性能は変わりませんが、洗浄充電器の付属の有無や回転スピードの調整機能などが型番によって微妙に異なります。モデルによって値段も変わってくるので9000シリーズの性能比較表などを参考に自分の使用環境に一番適した機種を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


  関連記事

1万円台で購入できるお風呂剃り対応シェーバー|PHILIPS・BRAUN・Panasonic
▼目次1 【BRAUN】お風呂剃り対応シェーバー「シリーズ5 5040s」1.1 ...
音の静かなシェーバーを探しているならPHILIPSの回転式を選ぶべき
▼目次1 シェーバーの音がうるさいと家族に文句を言われたことがありますか?1.1 ...
マルチグルーミングキットQG3380のフルメタルトリマーを手入れする方法
▼目次1 QG3380トリマー部分の分解・お手入れ方法1.1 ①フルメタルトリマ ...
ホームレスの人達にFREE(無償)でヘアーカットから髭剃りまで行うニューヨークの美容師
▼目次1 ホームレスたちに「FREE(無償)」でヘアーカットを行う美容師「Mar ...
Philips(フィリップス) の最安値モデル?パワータッチPT725Aを実際に使った感想とレビュー
▼目次1 フィリップスの回転式シェーバーで最も安い(と思われる)「パワータッチP ...
アクアタッチとパワータッチの違い|Philipsの電動シェーバー(PT729CC・PT725A・AT926・AT758)
▼目次1 間違えやすいアクアタッチとパワータッチの違いを解説します。2 気になる ...
電気シェーバーの「自動洗浄器のサイズ(BRAUN・PHILIPS・Panasonic)」と「置き場所」の関係
▼目次1 実際に自動洗浄器のサイズを測ってみた1.1 正面から見たサイズ1.2 ...
やっとみつけた。肌に優しく深剃りできるヒリヒリしない電気シェーバー「PHILIPS9000」
▼目次1 PHILIPS9000シリーズが可能にした「深剃り」と「肌への優しさ」 ...
カット性能がアップしたPHILIPSのヒゲトリマー「BT5200/15」の使用感を簡単にレビュー
▼目次1 「17段階の長さ調節機能」と「進化したコーム」が搭載。PHILIPSの ...
【製品レビュー】フィリップスシェーバー最上位モデル「9000シリーズ」は未来を感じるグルーミングデバイスだった
▼目次1 深剃りと肌への優しさを追求した最上位モデル「PHILIPS(フィリップ ...

ページトップへ戻る