髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

PHILIPSシェーバー 9000シリーズ、7000シリーズ、5000シリーズの違い

LINEで送る
Pocket

PHILIPS9000、7000、5000シリーズ

https://www.youtube.com/watch?v=WAVeiqkCSg4

PHILIPS(フィリップス)の回転式シェーバーには9000、7000、5000シリーズと3つの主力モデルが存在します。

性能もそれぞれ特徴があり、購入時に「一体どれが自分に合っているのだろう?」と悩む方も多いはず。ここではそれぞれのシリーズの違いを解説していきます。

輪郭検知テクノロジー(8方向)と5方向ダイナミックフレックスヘッド

9000/7000/5000シリーズは全てヘッドの可動域が大きく、喉仏やアゴ下など凹凸の激しい場所にもしっかりと追従し密着させながら剃ることができます。7000/5000シリーズは5方向可動なのに対し、9000シリーズは8方向と可動域が広くなっています。

9000シリーズ7000シリーズ5000シリーズ
9000シリーズ7000シリーズ5000シリーズ
8方向5方向5方向

 

可動域が多いメリット

9000シリーズを使用している様子

https://youtu.be/EyKV_5C_iDw?t=10s

PHILIPSの下位モデルにはこうした可動域は見られず、殆どが固定されたヘッドです。前述の通り、ヘッドがあらゆる方向に可動することで肌へ追従しやすくなり密着度も増すため、深剃り・早剃りにつながります。

上記の動画は9000シリーズを使用している様子。可動域はシリーズ最多の8方向であり肌との隙間を限りなく0に近づけています。

PHILIPSによると、5方向と8方向ではワンストロークあたり20%近くヒゲのカット量が違ってくるとされています。肌に優しいシェービングのためにはもちろん、忙しい朝などもできるだけストローク数は少なく剃り終えたいという方は9000シリーズを選択肢に入れてみると良いでしょう。

 

搭載刃の違い

9000シリーズ7000シリーズ5000シリーズ
SH90/51SH70/51SH50/51
ダブルVトラック刃
SH90/51
ジェントルプレシジョン刃
SH70/51
マルチプレシジョン刃
SH50/51

 

9000/7000/5000シリーズの特徴の違いとして、搭載される刃も挙げられます。性能の違いを簡単にみてみましょう。

9000シリーズ搭載のダブルVトラック刃(SH90/51)

まず、9000シリーズに搭載されるV字トラック刃。フィリップス回転式シェーバーの搭載刃としては最も性能に優れている反面、替刃の値段は高め。

ダブルVトラック刃
V字型の内刃と外刃を採用し、ヒゲを挟み込むことでクセヒゲなども逃さずスパっとカット。引っかかりによる不快感も無く、深剃りと肌へのやさしさを両立させています。

刃の枚数も旧来刃が21枚(外刃12枚+内刃9枚)だったのに対し、ダブルV字トラック刃は24枚(外刃15枚+内刃9枚)。外刃の枚数が増えたことにより、早剃り性能も向上しました。

7000シリーズ搭載のジェントルプレシジョン刃(SH70/51)

series7000-ジェントルプレシジョン刃

7000シリーズ搭載のジェントルプレシジョン刃も9000シリーズと同等の性能であり切れ味は抜群。

特に、刃のフレーム部分に施された「ビーズコーティング」が特徴的。細かなビーズにより肌へ過度な摩擦を掛けることなく肌当たりなめらかなシェービングが可能です、敏感肌の方に適した仕様のため、シェービング後のヒリツキが気になる方におすすめ。

5000シリーズ搭載のマルチプレシジョン刃(SH50/51)

マルチプレシジョン刃

5000シリーズ搭載のマルチプレシジョン刃は、穴(ホール)や溝(ヘアガイド)が特徴的。

溝部分で寝たヒゲを起こしカット、短いヒゲはホールへ導いてカットと、あらゆる方向に伸びたヒゲもしっかりとシェービングできる工夫が凝らされています。

刃の交換時期は?いつまで手に入る?

フィリップス回転式シェーバーの刃は、内刃が外刃に対し一定の鋭角を保ちながら接しています。そのため回転するたびに刃が磨かれ剃り味が維持されるため、刃の寿命は他メーカーより長め。メーカー側では2年に1回の交換を推奨しています。

もし落として変形してしまったり、なんだかヒゲが引っかかる感じがしてきたらもっと短いスパンで交換することもありますし、使用頻度によってはもう少し長持ちする場合もあります。

替刃の入手期間ですが、シェーバの補修部品保有期間は6年。 フィリップスは生産終了モデルも6年間を越えて替刃を販売している実績があるため、数年後に替刃が手に入らないという心配はまずないと言えます。

 

回転数の調整

9000シリーズの上位3モデルと、5000シリーズの上位2モデルにはシェーバーの回転数を調節する機能が搭載されています。9000シリーズはセンシティブ・ノーマル・ハイスピードの3つのモード、5000シリーズはターボモードもしくはセンシティブモードが搭載。

9000シリーズ7000シリーズ5000シリーズ
9000シリーズ-パーソナルコンフォート非搭載5000シリーズ-ターボモード5000シリーズ-センシティブモード
ハイスピードモード
ノーマルモード
センシティブモード
-ターボモード
(2015,2016)
センシティブモード
(2017)

 

忙しい朝などはスピードを上げて素早くシェービング、休日などはセンシティブモードでゆっくりと肌に優しく剃り上げるといった使い分けができるのが特徴です。下位モデルには搭載されていない機能の為、モデル選びの際には確認してみましょう。

 

シリーズごとにモデル型番が複数存在する

同シリーズでも型番違いのモデルが多く存在するフィリップスシェーバー。

型番ごとに洗浄器などの付属品や、充電残量表示インジケータ、パーソナルコンフォート(刃の回転速度調節)などの機能の違いがあり、購入するシリーズを決めたら今度はどのモデルにするか悩ましいところ。

フィリップスシェーバーのアタッチメント
自身の使用環境をイメージし、「自動洗浄器」の付属の有無や付属品など(ヒゲトリマー、洗顔ブラシ、ケースetc)が自分に必要かどうかでモデルを絞り込んでいくと良いでしょう。

ただし、スマートクリック(ヒゲトリマー・洗顔ブラシ)は後からも買い足せますが、自動洗浄器は単品販売されていないためご注意下さい。

 

各シリーズ型番ごとの違い

モデル型番ごとの違いについては各ページにて詳細をご確認下さい。

【9000シリーズ】

PHILIPSシェーバー 9000シリーズの性能比較表(2015-2016-2017年モデル)

【7000シリーズ】

PHILIPSシェーバー 7000シリーズの性能比較表(2015-2016-2018年モデル)

【5000シリーズ】

PHILIPSシェーバー 5000シリーズの性能比較表(2015-2016-2017年モデル)

 

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


ページトップへ戻る