髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

PHILIPSポータブルシェーバー「PQ209/17」と「PQ208」の違いを比較検証

      2018/09/25

LINEで送る
Pocket

PHILIPSポータブルシェーバー「PQ209/17」と「PQ208」、新旧パッケージ

2013年9月に発売され、ロングセラー商品となったPHILIPSのポータブルシェーバー「PQ208」ですが、2017年2月に型番変更モデル「PQ209/17」が登場しています。

パッケージの写真などを見る限り大きな変更点は無いように見えますが、「実際に手に取り比較してみなければ分からない!」というわけで新型番を購入しました。

結論から先に言ってしまいますが、「PQ208」と「PQ209/17」の2型番に違いは見られません

(今後は旧型扱いとなるPQ208ですが、発売間もないPQ209/17の価格が落ち着くまでは旧型を購入したほうが懐にも優しいかと思います。)

PHILIPS「PQ209/17」と「PQ208」のパッケージ

パッケージ裏の記載が微妙に変更されているものの、PQ209/17、PQ208ともに販売代理店(小泉成器株式会社)、本体・刃の原産国(中国・オランダ)、2年間保証も同一です。

付属する収納ケースの形状も違いは見られません。保護キャップ、ブラシや付属乾電池なども同一です。

この先は、「PQ209/17とPQ208を念のため詳しく比較検証」していますが、前述の通り両者に実質的な違いはなく、そこまで大した情報はありません。

ですので、興味のある方だけ読み進んで頂ければと思います。。。

 

【関連記事】

▼ポータブルシェーバーの「詳しい性能比較」はこちらをどうぞ
PHILIPS ポータブルシェーバーの性能比較表(PQ209/17|PQ220/19)

▼旧モデル「PQ208」のレビューはこちらをどうぞ
旅行や出張、携帯に便利なPHILIPSのポータブルシェーバー「PQ208」購入レビュー

 

「PQ209/17」と「PQ208」に違いはあるのか見比べてみる

PHILIPSポータブルシェーバー「PQ209/17」と「PQ208」

写真左が新型番の「PQ209/17」、写真右が旧型番の「PQ208」です。スイッチや刃、電池カバー等の位置や形状は同一、材質の手触りにも差は感じません。

*PQ208はPQ208/17として販売されている場合もあります。

PHILIPS「PQ209/17」と「PQ208」の乾電池ホルダー部分

単三乾電池を2本必要とする乾電池ホルダー部分もつくりは同一です。

シェービングユニットを分解してパーツを比較してみる

「PQ209/17」と「PQ208」のユニットフレーム、保持板、刃

シェービングユニットを分解し、上から順にユニットフレーム、保持板、刃と並べてみました。写真左が「PQ209/17」のパーツ、写真右が旧型番「PQ208」のパーツです。

「PQ209/17」と「PQ208」の保持板

小豆色カラーの保持板形状も同じ。横からスライドして入れる構造です。

「PQ209/17」と「PQ208」に搭載されるCLOSECUT刃

もしや搭載刃の形状が変わっているのでは?と思いましたが、こちらも新・旧ともに違いはみられません。

ちなみに初期搭載刃であるCLOSECUT刃は別売りされておらず、交換用の替刃はHQ56/51となります(3個入りなので1個余る)。

ユニットフレーム、本体側の回転軸とヒゲクズ受けも形状は同じです。

本体背面のロゴが微妙に違う?

PHILIPSロゴの違い

本体裏面にあるモデル型番などの記載(黄色で囲った部分)ですが、替刃品番、生産国(中国)など変更点はありません。PQ209/17が行数が増え文字がセンター揃えになったくらいです。

ここでようやく違いをみつけたのですが、PHILIPSのロゴがビミョーに異なっています(笑) ちょっと写真写りが悪いのですが、わかりますでしょうか? 

「innovation and you」というコピーのもと2013年に刷新されたもので盾をイメージしたデザインなのですが、PQ208は中央に波打った三重線で◯を半分に区切るようなデザイン、PQ209/17は中央の波打った太い線が◯を斜めに区切っています。

ロゴデザインが変更されたという話は耳にしていないのですが、気づかない内にマイナーチェンジしていたのかもしれません。

なんだか間違い探しを終えた気分ですね・・・。

新型、旧型は互換性があるためパーツが流用可

型番が変更になってもそれぞれのパーツは互換性があるため、旧型もしくは新型が壊れてしまった場合などにスペアパーツとして流用することができます。

ですので、買い替えの際などは廃棄せずに取り外せるパーツを小袋などに入れ保管しておくと良いでしょう。保持板や電池カバーを破損してしまった際にも、さっと交換するだけで済みます。

ちなみに販売価格ですが、Amazon等の通販サイトを見る限り旧型であるPQ208のほうが1~2割ほど安いようです。(記事執筆時点:2017/02/17)

PQ208の在庫分が捌けてくればPQ209/17の価格も落ち着いてくるでしょう。価格の変動は常にあるため購入時に両者の価格を比較してみることをお薦めします。

 

PHILIPSシェーバーの一覧へ

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク


  関連記事

PHILIPS パワータッチPT725Aの使用レビュー
▼目次1 フィリップスの回転式シェーバーで最も安い(と思われる)「パワータッチP ...
1万円以下で購入できる電気シェーバーで「ブラウン・パナソニック・フィリップス・日立」の違いを比較してみました
▼目次1 3大メーカーのブラウン・パナソニック・フィリップス、そして日立のモデル ...
フィリップスよりスター・ウォーズをモチーフとした電気シェーバーが限定パッケージで登場!!
▼目次1 3種のスター・ウォーズスペシャルデザインモデル1.1  カイロレンモデ ...
PHILIPSの電気シェーバーをUSB充電できるケーブルを買ってみました
▼目次1 MISSIONCABLE社が製造しているPHILIPSのUSB充電ケー ...
1万円台で購入できるお風呂剃り対応シェーバー|PHILIPS・BRAUN・Panasonic
▼目次1 【BRAUN】お風呂剃り対応シェーバー「シリーズ5 5040s」1.1 ...
フィリップスの「マルチグルーミングキットQG3380」を使用してみた感想・レビュー
▼目次1 1台で何役もこなすフィリップスのマルチグルーマーの「メリット」と「デメ ...
清潔感のあるヒゲを目指すならヒゲトリマーがおすすめ!フィリップスQT4022Nを使用した感想・製品レビュー
▼目次1 伸ばした髭を整えよう!フィリップスのヒゲトリマー「QT4022N」を購 ...
アクアタッチとパワータッチの違い|Philipsの電動シェーバー(PT729CC・PT725A・AT926・AT758)
▼目次1 間違えやすいアクアタッチとパワータッチの違いを解説2 気になる価格の違 ...
ヒゲの飛び散りを防ぐ吸引システム搭載!PHILIPSバキュームヒゲトリマーBT7220/15の使用レビュー
▼目次1 顎ヒゲや口ヒゲ、モミアゲなどの処理に最適なヒゲトリマー1.1 フィリッ ...
マルチグルーミングキットQG3380のフルメタルトリマーを手入れする方法
▼目次1 QG3380トリマー部分の分解・お手入れ方法1.1 ①フルメタルトリマ ...


ページトップへ戻る