髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

電気シェーバーの自動洗浄器は必要?

      2017/09/19

LINEで送る
Pocket

シェーバー使用後は洗浄するのが衛生的です。放っておくと匂いや故障の原因となったり、雑菌が繁殖してニキビのもとになってしまいます。

どのモデルやメーカーでも当てはまるのですが、自動洗浄器は「コスト」と「手間」を天秤にかけて考えると良いかと思います。自動洗浄器は電気代のほかに洗浄液を定期的に交換する必要があります。

メーカーにもよりますが大体、毎月200~400円程度は掛かります。一方で、洗浄器の無いモデルは手洗いが必要になります。

例えば、忙しくてシェーバーを洗う時間や充電する時間が惜しいという人は自動洗浄器付きのモデルを購入したほうが良いでしょう。朝、シェービングして自動洗浄器にセットしておけば自動で洗浄・充電まで行ってくれます。

一方で自動洗浄器がないモデルですと、いちいちヘッドを外して洗浄したり充電ケーブルを差し込む手間が掛かります。このあたりは個人の生活環境や予算などと合わせて選ぶと良いかと思います。

自動充電洗浄器は手軽で便利な反面、洗浄液カートリッジの維持コストが掛かるデメリットがあります。おおよそのコスト目安は以下のようになります。

 1個/30日間(*4)洗浄液型番
BRAUN約443.8円(*1)CCR6 CR
Panasonic約223円(*2)ES-4L03
PHILIPS約247円(*3)JC302/51


(*1)Amazon参考価格2,663円(2017/04/03)「CCR6 CR 6個入り」から概算。 
(*2)Amazon参考価格1,340円(2017/04/03)「ES-4L06A 6個入り」から概算。 
(*3)Amazon参考価格1,482円(2017/04/03)「JC302/51 2個入り」から概算。
(*4)BRAUN・Panasonicは1個あたり30日間使用可能。PHILIPSは1個あたり3ヶ月使用可能。

関連記事リンク

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク


  関連記事

PHILIPSの吸引システム搭載バキュームヒゲトリマー「BT7220/15」の使用レビュー
PHILIPSのニュースリリースにて「バキュームヒゲトリマーBT7220/15( ...
清潔感のあるヒゲを目指すならヒゲトリマーがおすすめ!フィリップスQT4022Nを使用した感想・製品レビュー
伸ばした髭を整えよう!フィリップスのヒゲトリマー「QT4022N」を購入。PHI ...
音の静かなシェーバーを探しているならPHILIPSの回転式を選ぶべき
「シェーバーの音がうるさい!」と家族に文句を言われたことがありますか?深夜にヒゲ ...
PHILIPS 9000/7000/5000シリーズの互換性を検証(シェービングユニット・刃・洗浄器etc...)
PHILIPSの回転式シェーバーは9000/7000/5000シリーズの3ライン ...
アクアタッチとパワータッチの違い|Philipsの電動シェーバー(PT729CC・PT725A・AT926・AT758)
間違えやすいアクアタッチとパワータッチの違いを解説します。形や色も類似しているた ...
パワータッチに「ダブルVトラック刃」を搭載して深剃り性能をアップさせてみた【替刃交換】
パワータッチは価格が安い反面、ヒゲが濃い人にはスペック不足フィリップスの回転式シ ...
PHILIPSポータブルシェーバー「PQ209/17」と「PQ208」の違いを比較検証
2013年9月に発売され、ロングセラー商品となったPHILIPSのポータブルシェ ...
電気シェーバーの「バッテリー・替刃交換」のコストから買い替え時期を考える。
【購入者の悩み】・電気シェーバーを5年ほど使用しているが、バッテリーが持たなくな ...
バキュームヒゲトリマー「BT7220/15」のお手入れ方法
ヒゲの飛び散りを防ぐ吸引システムが搭載された「バキュームヒゲトリマー BT722 ...
とにかく深剃りしたい人にオススメのハイエンドシェーバーを4モデル厳選!
ヒゲの濃さや太さ、硬さ、生える方向は人によって異なります。特に「寝たヒゲ」が多か ...


ページトップへ戻る