髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポート

リチウムイオン電池搭載シェーバーの満充電防止には「デジタルタイマー」の活用がおすすめ

      2018/09/09

リチウムイオン電池搭載の電気シェーバー

近年、電気シェーバーの多くには高い出力密度を持つリチウムイオンバッテリー(Li-Ion)が搭載されており、ニッカド電池やニッケル水素電池といった従来のバッテリーに比べ耐用年数も長くなりました。

従来バッテリーの弱点であった継ぎ足し充電によるメモリー効果もなく、かつ軽量化もされており、いまでは多くの電化製品にリチウムイオンバッテリーが採用されています。

フル充電状態からの使用はバッテリーの劣化を早めてしまう!?

満充電状態はバッテリーの劣化を進めてしまう・・・なんてことを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

リチウムイオンバッテリーの特性として、フル充電された状態での保存はバッテリーに負荷がかかり劣化が進んでしまいます。

さらにもう一点、バッテリーが満充電状態からの使用も負荷が大きいとされています。

小形リチウムイオン電池の寿命特性

市村 雅弘. "小形リチウムイオン電池の寿命特性." (2005): 19-23

上のグラフ図(市村 雅弘. "小形リチウムイオン電池の寿命特性." (2005): 19-23)から、リチウムイオン電池は100%~50%の状態で使用する場合のほうが、0%~50%で使用する場合よりも早く寿命ラインに達していることがわかります。

つまり、毎回電気シェーバーを100%充電してから使用した場合、50%の充電で止める使い方をしたシェーバーに比べ劣化の進行が早い、ということが図からも読み取れます。

満充電になる前にコンセントを切るのは面倒!

節電タップの充電アダプター

ですが、毎朝使用する電気シェーバーを充電する度にいちいち時間を計り、50%の充電でコンセントを抜くなんて面倒ですよね・・・。

節電タップを使えばコンセントを抜くこと無く充電を止めることができますが、これも切るのを忘れがちでついつい満充電されてしまいます。

より確実にリチウムイオンバッテリーの寿命を最大限に伸ばすのであれば、自動オフ機能のあるデジタルタイマーを使いましょう。

*メーカー側では充電途中でプラグを抜いたりする行為は推奨していないため自己責任にて行って頂くようお願いいたします。特に、自動充電洗浄器などは途中で電源を切ってしまうと洗浄システムがエラーを起こす場合もあるためお薦めしません。

自動で電源を落とせる「デジタルタイマー」を活用しよう

1回だけ入・切デジタルタイマー

デジタルタイマーとは「設定した時間が経つと、電源がONまたはOFFになる」という便利な代物。

曜日ごとのON/OFF設定があるものや、ダイヤル式、コード付きなど様々なタイプが売られており、電化製品の消し忘れや節電などに活用されています。

1時間程度でフル充電される急速充電タイプの電気シェーバーの場合、1分単位で設定可能なものを選ぶのが良いでしょう。

REVEXの『1回だけ「入・切」デジタルタイマー CT24D』

今回用意したのはREVEX(リーベックス)社の『1回だけ「入・切」デジタルタイマー CT24D』。

この製品は時間を設定しOFFモードにした後、スタートを押せば設定した時間が経つと自動的に電源を落としてくれます。

また、メモリー機能があるため一度設定してしまえば再設定することなくワンタッチで繰り返すことが可能。最大24時間、最小で1分のタイマー設定が可能です。

デジタルタイマーの設置は延長ケーブルを使うと便利

背面コンセントはショートを防ぐトラッキング防止プラグ。配置は画像の通りで、正面に向かって右側に充電する機器のコンセント差込口があります。

本体の大きさはコンセント突起を除き、65(幅)×68(高さ)×32(奥行き)。

洗面所だと隣のコンセントに干渉したりする可能性が高いためサイズを確認しておきましょう。我が家ではドライヤーコンセントの妨げになったため、延長ケーブルを使い干渉を避けています。

いつでも50%の充電状態を維持するからバッテリーに優しい

電気シェーバーの満充電をデジタルタイマーで防止

1時間でフル充電ができる電気シェーバーの場合、約2~30分でOFFになる設定を行えばおおよそ50%付近で充電で止めることができるかと思います。

ただし、リチウムイオン電池は複合的な充電プロセスを持つため充電スピードは一定ではありません。手持ちのシェーバーで何分くらいで50%位付近まで充電されるか実際に確認しておきましょう。

満充電を避けることで失うメリットも確認しておきましょう

このように50%付近で充電を止めることでリチウムイオンバッテリーへの負荷を減らすことが出来ますが、一方で充電の手軽さや利便性をいくつか失うことになります。

例えば、フル充電で40分ほど駆動できるシェーバーならば、おのずと駆動時間も20分と半減。こまめな充電が必要になるというデメリットが生じます。1回のシェービングに10分かかる人であれば、2日に1回は充電しなければいけません。

ちなみにこの際の継ぎ足し充電に関しては、バッテリー劣化の要因とはなりません。充電サイクルはトータルで100%に到達した時点で1回と計測されるためです。

参考:リチウムイオン電池の充電サイクル

また、置くだけで充電できるタイプのシェーバーであれば、デジタルタイマーのスイッチを押す手間が増えるデメリットが生じます。

バッテリーの健康状態を究極的に維持するか、それとも充電の手軽さを取るかは個人の持つ時間の余裕によって異なるかと思いますが、バッテリー劣化にあまり神経質になりすぎては元も子もありません。

ですが、リチウムイオンバッテリーの特性を少し知っておくだけでお気に入りのシェーバーのバッテリー健康状態を良好に保つことが可能になります。また、スマートフォンやノートPCなど、他の製品を使用する際にも役立つ知識となるでしょう。

「満充電での放置を避ける、高温になる場所には置かない」といったことは最低限守り、さらにバッテリーの健康状態に気を使いたい、多少手間が増えても構わない、という方はデジタルタイマーを使用してみることをおすすめします。

スポンサーリンク


  関連記事

往復式シェーバーで髭を剃る男性
【初心者向け】電気シェーバーの正しい使い方(剃り方)とコツを解説
▼目次1 往復式シェーバーの使い方2 回転式シェーバーの使い方3 ロータリー式シ ...
充電しながら使用できる電気シェーバー(充電交流式)
【充電交流式】充電しながら使用できる電気シェーバーのオススメ機種(随時更新)
▼目次1 BRAUNの充電交流式シェーバー1.1 ブラウンシェーバー シリーズ9 ...
PHILIPSシェーバー「9000シリーズ」と「7000シリーズ」に搭載される刃の違いを検証してみると・・・?
▼目次1 9000シリーズと7000シリーズにおける刃の名称(SH90/51・S ...
アラミスラボのプレシェーブローション「エレクトリックシェーブソリューション」の使用感レビュー
▼目次1 肌にやさしいシェービングの必須アイテム「プレシェーブローション」2 ち ...
全身をこれ1台で!PHILIPS「マルチグルーミングキット MG7720/15」の機能を簡易レビュー
▼目次1 1台で全身に対応するPHILIPSのマルチグルーマーMG7720/15 ...
Panasonicラムダッシュ3枚刃「ES-ST8N-R」のレビューと旧モデルとの比較
▼目次1 新しくなったカミソリシェーバー「ラムダッシュ3枚刃 ES-S ...
電気シェーバーの自動洗浄器は必要?洗浄液カートリッジの維持コストを比較。
▼目次1 洗浄液カートリッジの維持コストをチェック2 自動洗浄器付属のモデルか、 ...
カット後の鼻毛を吸い込む!パナソニック「エチケットカッターER-GN50-H」の簡易レビュー
▼目次1 「エチケットカッターER-GN50-H」は毛クズを吸い込む鼻毛カッター ...
T字カミソリと電気シェーバーを上手に使い分けていますか?それぞれのメリットやデメリットを理解して、シェービングスケジュールを組み立ててみましょう
▼目次1 T字カミソリと電気シェーバーのメリット、デメリットの違いを理解していま ...
PHILIPS 9000/7000/5000シリーズに搭載される刃の違い(SH90/51・SH70/51・SH50/51)
▼目次1 9000/7000/5000シリーズにおける搭載刃の違い1.1 搭載刃 ...

ページトップへ戻る