髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

電気シェーバー(電動髭剃り)が肌に優しいとされている理由。正しいモデル選びとメンテナンス方法

      2016/09/11

電気シェーバーって本当に肌にやさしいの?

一般的にT字カミソリなどでひげを剃るより、電気シェーバーのほうが肌へのダメージは少ないとされています。

その理由は構造にあります。電気シェーバーは、網刃と内刃とよばれる2つの刃でひげをキャッチし剃り上げる仕組み。網刃は直接肌に触れる部分の、編み編みになった金属の部分です。この網刃がひげを持ち上げることで、内側の刃がひげを刈り取る形になっています。

RM-LF453-3

押し付けた場合も編刃は沈み込みます。構造はメーカーやモデルによって異なりますが、殆どの機種は押し付けた際にも肌への負担が分散されるようになっています。また、肌に常に密着させながら剃ることができるのも特徴です。

 

T字カミソリの場合は、刃の上部にスムーサーとよばれる肌との滑りを良くする部分が取り付けられています。しかし、ジェルや泡を使用しても刃は直接肌に触れるため、肌への負担は電気シェーバーに比べ大きくなります。その分、深剃りは可能ですが刃の寿命が短いといったデメリットもあります。刃の枚数は多いほど肌への負担が分散されます。

電気シェーバーも誤った使い方をすれば肌を傷める

しかし、誤った使い方をすると電気シェーバーでも時には肌へダメージを与えてしまうこともあります。例えば、深剃りしようと力を入れて無理やり肌に押し付けたり、なんども往復させたりするとその摩擦で肌を痛めてしまいます。

また、ヒゲの濃さや肌の弱さに合っていない電気シェーバーを選んでしまうと快適な剃り心地は得られません。電気シェーバーを選ぶ際は、聞き慣れないモノや粗悪品を選ぶのではなく3大メーカーと呼ばれる「PHILIPS(フィリップス)」、「BRAUN(ブラウン)」、「PANASONIC(パナソニック)」から選ぶことを推奨します。これら3つのメーカーは電気シェーバー市場の9割以上を占めておりユーザーも多いため、役立つレビューやクチコミも多く見つかることでしょう。また、HITACHI(日立)の電気シェーバーも市場で唯一ロータリー方式を採用したモデルを製造しており品質も高くおすすめです。

【関連記事】
電気シェーバーの「選び方」を解説! 三大メーカーの特徴と違い

 

大事なのは自分にあったモデル選びと定期的なメンテナンス

モデルによって深剃りを追求しているシェーバー、肌への優しさを追求したシェーバーがあります。一般的に深剃りならBRAUNやパナソニックの上位機種、肌への優しさならフィリップスのモデルが良いとされています。ただし、肌への優しさを追求したモデルはその分深剃りは劣ると考えて下さい。一部、高級機種のなかには深剃りと肌への優しさを可能な限り両立させているモデルもあります。

【関連記事】
肌が弱く「剃るとヒリヒリする人」におすすめの電気シェーバーはどれなのか

肌へのダメージを減らす為にも替え刃の確認を

シェーバーは毎日使うものですから、刃は次第に劣化していきます。なるべく劣化を抑えるためにも、こまめな洗浄やシェーバーオイルなどを使用するように心がけましょう。

刃が劣化してしまうと、ひげが引っかかったりして肌を引っ張ってしまうためダメージに繋がります。また、ヘッドの部分が汚れているとニキビや肌荒れの原因となり衛生的にもよくありません。定期的な洗浄液の交換や手洗いは欠かさないようにすることが大事です。

しかし、どんなに丁寧にメンテナンスをしても毎日ヒゲを剃っていればどうしても刃は劣化していきます。もし剃り味が悪いと感じたら、刃を交換することで剃り心地は蘇ります。替刃の型番は替刃一覧表などで、お手持ちのシェーバーのモデルと適合する替刃をご確認ください。

メーカー(Panasonicの場合)では、網刃(外刃)は年に1回、内刃は2年に1回程度の交換を推奨しています。ただし、替え刃は意外と高いのでもし2年以上使っていたのであれば替刃を買う予算をシェーバー本体を買う予算に回すという手もあります。刃は交換できますが、内部の劣化したモーターなどは個人で交換するには困難ですし、メーカーに頼んでも結局修理費が5000円~10000円程度かかってしまう場合が多いようです。そう考えると少し予算を足して心機一転、新しいシェーバーを買ってしまうのもアリかと思います。

【関連記事】
電気シェーバーの「バッテリー・替刃交換のコスト」を考えると、本体を買ったほうが安く付くケースもあります

 

プレシェーブローションで快適なシェービングを!

たしかに電気シェーバーはカミソリに比べると、肌へのダメージは少ないです。しかし、ヒゲを剃るという行為をする以上肌への負担は避けられません。できるだけダメージを0に近づけるならば、髭剃り前に「プレシェーブローション」を肌へ塗り、シェーバーの滑りをなめらかにすることも効果的です。

また、ひげ剃り後にも「アフターシェーブローション」などを使い、肌への水分を補い乾燥を防ぎましょう。肌の弱い方はアルコール成分の含まれていないものや、敏感肌用の商品を使用しましょう。「おすすめのアフターシェーブローションと選び方」のページなどを参考になさってください。

さらに、ウェット剃り対応のモデルならシェービングフォームやジェルを使用することも肌へのダメージ軽減には効果的です。

【関連記事】
電気シェーバーでジェルや泡を使うメリットを知っていますか?髭剃りによる肌トラブルでうんざりしている方はすぐに試してみてください。


シェーバー本体や自分に合ったローションを選ぶのは面倒かもしれませんが、毎日使用するものですので納得のいくものを購入しましょう。電気シェーバー本体は高価なだけでなく長い付き合いになる相棒です。妥協せずにしっかりと検討することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


  関連記事

ヒゲを剃る前に洗顔することは、なぜ肌への負担軽減につながるのか
▼目次1 洗顔によってヒゲは柔らかくなる2 肌の弱い人は必ず洗顔してからヒゲを剃 ...
BRAUN「シリーズ9」とPanasonic「ラムダッシュ5枚刃」を比較|往復式シェーバー
▼目次1 ラムダッシュ5枚刃とシリーズ9を比較1.1 刃の構成の違い1.2 ラム ...
高級シェーバーはなぜ売れるのか?メーカーの「音」へのこだわり
▼目次1 なぜ人は高級なシェーバーに手をのばすのか2 高級シェーバーの性能面以外 ...
PHILIPSポータブルシェーバー「PQ209/17」と「PQ208」の違いを比較検証
▼目次1 「PQ209/17」と「PQ208」に違いはあるのか見比べてみる1.1 ...
T字カミソリと電気シェーバーを上手に使い分けていますか?それぞれのメリットやデメリットを理解して、快適なシェービングライフを送りましょう
▼目次1 T字カミソリと電気シェーバーのメリット、デメリットの違いを理解していま ...
手軽なヒゲ剃り??Lightningコネクターから給電できる「ライトニングシェーバー」を簡易レビュー
▼目次1 iphoneでどこでも手軽にヒゲ剃り!「ライトニングシェーバー」 の簡 ...
Philips(フィリップス) の最安値モデル?パワータッチPT725Aを実際に使った感想とレビュー
▼目次1 フィリップスの回転式シェーバーで最も安い(と思われる)「パワータッチP ...
【Gillette・Schick・NIVEA】代表的な3種類のシェービングフォームを比較
▼目次1 比較的入手しやすい3メーカーからシェービングフォームを3種類チョイス! ...
フィリップスの「マルチグルーミングキットQG3380」を使用してみた感想・レビュー
▼目次1 1台で何役もこなすフィリップスのマルチグルーマーの「メリット」と「デメ ...
電気シェーバーでジェルや泡を使うメリットを知っていますか?髭剃りによる肌トラブルでうんざりしている方はすぐに試してみてください。
▼目次1 意外と多い電気シェーバーでの肌トラブル1.1 ウェット剃り(お風呂剃り ...

ページトップへ戻る