髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

Panasonicラムダッシュ3枚刃(ES-ST8N/ES-ST6N/ES-ST2N)の性能比較表

ラムダッシュ3枚刃に新たな機能が搭載された3モデル(ES-ST8N/ES-ST6N/ES-ST2N)

ラムダッシュ3枚刃の性能比較表(「密着スイングヘッド」「スムースローラー」搭載モデル)

予算目安 8000円~1万円台

スマホやディスプレイサイズが小さい場合は比較表が横にスクロールできます。

sirosikaku
ES-ST8N-R
ES-ST6N-A
ES-ST2N-W
モデル名ラムダッシュ3枚刃
ES-ST8N
ラムダッシュ3枚刃
ES-ST6N
ラムダッシュ3枚刃
ES-ST2N
カラーレッド
ゴールド
ブルー
シルバー
ホワイト
ブラック
レッド
刃の種類往復式・3枚刃
スムースローラー--
ヘッド可動密着スイングヘッド固定
ヒゲセンサー
泡メイキングモード-
お風呂剃り
洗浄方式ウォータースルー洗浄
電源方式充電式充電式充電式
充電時間1時間1時間1時間
使用可能時間(3分/日)約14日約14日約14日
感想とレビューレビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想

※上記モデル共通機能
・海外仕様対応(AC100-240V)
・ラムダッシュ5枚刃の性能比較表はこちら / お風呂剃り3枚刃旧モデルはこちら

【旧モデルとの比較レビューはこちら】
lamdash_ES-ST8N (40)Panasonicラムダッシュ3枚刃「ES-ST8N-R」のレビューと旧モデルとの比較


ラムダッシュ3枚刃(ES-ST8N/ES-ST6N/ES-ST2N)の主な特徴

ES-ST8N-smoothroller
スムースローラー回転するローラーで肌への摩擦を軽減。
ES-ST8N-swinghead
密着スイングヘッド左右方向に30°動くヘッドが顔の凹凸にしっかり密着。
esstawa
泡スルーヘッド外刃フレームの溝が、泡やジェルを肌に届きやすくし、スムーズにシェービング。
es-se39linear
リニアモーター駆動毎分約13,000ストロークの高速駆動でとらえたヒゲを逃がさずカット。
30do
30°鋭角ナノエッジ内刃刃先角度30°で硬いヒゲもスパッとカット。
higeSensor
ヒゲセンサーヒゲの濃さを探知して、自動でパワーコントロール。
ES-ST8N-waterthrough
ウォータースルー洗浄外刃をはずさずに、そのままヒゲクズを洗い流せる。

新機能が搭載されたラムダッシュ3枚刃シリーズ

お風呂剃りに対応した防水仕様のラムダッシュ3枚刃シリーズは、「カミソリのような感覚でシェービングできる」というコンセプトのシリーズ。電気店などでも「とりあえず迷ったらコレ!」なんてポップをみかけるほどよく売れているシリーズです。リニアモーター搭載でありながら5枚刃モデルに比べ価格も抑えめ、入手のし易さから幅広い年齢層に人気があります。

以前のモデル(ES-ST29/ES-ST39)との大きな違いは、外刃にスムースローラーが搭載されたことと、ヘッドが可動するようになったこと。より肌への優しさと密着性能をアップさせています。

また、グリップ部の形状もスリムになり持ちやすさが向上、軽い感覚で使用できるように改良されています。前モデルに搭載されていた「泡スルーヘッド」「スイッチロック」「泡メイキングモード」「ヒゲセンサー」も健在です。

手のひらで洗顔料を泡立たせる「泡メイキングモード」

手のひらで洗顔料を泡立たせる「泡メイキングモード」

 

洗顔剤やボディソープなどを使って、手で泡立てるよりも手軽に、かつすばやくシェービング用の泡がつくれます。ウェット剃りは肌との摩擦を軽減するとともに髭をやわらかくする効果があります。ひげの濃い方や硬い方、肌が弱い方などにおすすめです。

 

高速リニアモーター搭載。パワフル・スピィーディーに剃り上げる!

パナソニック独自の高速リニアモーターは3枚刃シリーズにも搭載されています。最上位機種のラムダッシュ5枚刃シリーズと比較するとリニアモーターの回転速度は約1,000ストローク/分落ちますが、それでも毎分約13,000ストローク駆動で、早剃り性能は他社の追随を許しません。電気シェーバー市場でこの高速回転するリニアモーターを内蔵しているのはパナソニックのラムダッシュシリーズだけです。

参照:http://panasonic.co.jp/

参照:http://panasonic.co.jp/

ラムダッシュの心臓部とも言えるリニアモーターは1995年に発売された「リニアスムーサー」に搭載されて以来、20年間進化をし続けています。その世界一の回転速度もさることながら小型・軽量化もされてきました。ヒゲを剃る際の摩擦の影響を受けない回転運動により高速で内刃が駆動するため、シェービングスピードも早くなり朝の髭剃り時間をぐっと短縮できます。

また内刃には鍛造刃が搭載。切れ味が良く、固いヒゲもスパっと切断するため引っ掛かりが起きて不快な思いをする心配がありません。

モデルによる搭載機能の違い

お風呂剃り対応ラムダッシュ3枚刃は3モデル展開。それぞれモーター回転速度や刃の枚数など基本性能は変わらないものの、スムースローラーが搭載されるのはES-ST8Nのみ、密着スイングヘッドが搭載されるのはES-ST8NとES-ST6Nのみといった違いがあります。

lamdash_ES-ST8N (2)

スムースローラー搭載モデルES-ST8N

ドライ剃りの頻度が高い人や肌の弱い人は、摩擦軽減の効果があるスムースローラー搭載モデルES-ST8Nや、肌への追従性を高めるスイングヘッドが搭載されたES-ST8NやES-ST6Nがおすすめです。

また、旧モデルのようにヘッドが固定されたままが好みの方は、下位モデルであるES-ST2Nが最適。

 ES-ST8NES-ST6NES-ST2N
スムースローラー--
スイングヘッド-

 

ドライ剃り・ウェット剃りの両方に対応

メンズグルーミング!かみそりシェーバーの使い方【パナソニック公式】

メンズグルーミング!かみそりシェーバーの使い方【パナソニック公式】

防水設計IPX7基準*をクリアしたお風呂で使える設計のため、T字カミソリのような感覚でウェット剃りも可能。人差し指と親指で逆手に「ペングリップ持ち」ができるのも、このモデルの大きな特徴です。
*:社団法人日本船舶品質管理協会 製品安全評価センターにてIPX7基準(水深1メートルに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の浸入がない)検査をクリア

シェービングフォームやジェルの使用も可能なため、いままで浴室などでカミソリを使っていた人が電気シェーバーに初挑戦する際にも馴染みやすいモデルといえます。

また、普段はドライ剃り専用のシェーバーを使用しているが、お風呂剃り用に2台目として購入するという方もいます。2台を使い分けすることで本体や刃の寿命は伸ばすことができるため、2つの機種を併用するのもおすすめです。

【参考記事】
two_shaver (2)電気シェーバーを2台持つメリットは意外と多い


付属品の違い

lamdash_ES-ST8N (30)

充電スタンドは旧モデルより小型化。シェーバーのお尻に直接差し込んで充電する仕様になりました。充電スタンドの無いES-ST2Nは直接アダプターを差し込んで充電します。

ES-CSV6N-W-standES-ST2N以外の2モデルはスタンドとアダプターどちらでも充電可能。

 ES-ST8NES-ST6NES-ST2N
充電スタンド-
ケース類セミハードケースポーチ-
シェーバーホルダー
専用オイル、掃除用ブラシ

シェーバーホルダー(保護キャップ)、オイル、ブラシ、ACアダプターは共通です。


シェーバーホルダーは刃を守る役割と、本体を逆さまに自立させる役割があります。ブラシはヒゲくずのお掃除に。オイルは水洗いした後などに注油します。

lamdash_ES-ST8N (25)

ES-ST8Nのみセミハードケースが付属します。

 

ラムダッシュ3枚刃(ES-ST8N/ES-ST6N/ES-ST2N)はどんな人に向いているの?

お風呂剃りラムダッシュ三枚刃シリーズは以下のような人に向いていると言えるでしょう。

・ウェット剃りもドライ剃りも両方したい人
・安全カミソリから移行したい人
・髭は濃い方だがコストは抑えたい人

ラムダッシュ3枚刃ES-ST8N/ES-ST6N/ES-ST2Nの3モデルは「カミソリシェーバー」というコンセプトで開発されており、ボディも細身でT字カミソリのように逆手で持ったりできる形状自体が特殊といえます。

lamdash_ES-ST8N (37)

ラムダッシュ5枚刃のような太めで重たいボディではこの持ち方は難しいため、軽量・スリムなラムダッシュ3枚刃はT字カミソリからの移行も違和感が少ないはず。カミソリで使用していたシェービング剤やジェルをそのまま使用できるのも嬉しいポイントです。

また、旧機種には見られなかった「スムースローラー」と「密着スイングヘッド」の搭載により、ドライ剃りの際にも肌へ優しい仕様に進化しています。スムースローラーはヘッド外刃に搭載され、肌をすべらせる際に回転し摩擦を軽減させるというものです。これは、上位機種のラムダッシュ5枚刃シリーズに先に搭載されていたものですが、今モデルから3枚刃シリーズにも搭載されるようになりました。


さらに、旧機種ではヘッド可動がなく固定でしたが、今回の新モデルからヘッドが左右に振れるようになっています。ヘッドが固定だと喉仏や頬のラインなどのカーブや凹凸で肌との隙間ができてしまい剃り残しがちですが、ヘッド可動があることで肌に密着しやすくなり、剃り残しが減る=往復させる回数が減るため肌へのダメージも最小限に抑えることができます。

ウェット剃りする際はヘッドを固定したままのほうが剃りやすい場合もありますが、ドライ剃りの場合はヘッド可動の有無で剃り心地はかなり変わってきます。ドライ剃りの使用頻度が多い場合は、ES-ST8NかES-ST6Nを選んだほうが良いでしょう。下位モデルのES-ST2Nは従来通りヘッドが固定ですのでご確認ください。

■選び方の参考

3モデルの中からの選び方ですが、参考までに以下のような感じでセレクトしてみてはいかがでしょうか。

肌への負担を減らしつつ深剃りしたいなら「スムースローラー」と「スイングヘッド」搭載のES-ST8N

肌へ密着させながらしっかり剃りたい場合は「スイングヘッド」搭載のES-ST6N

コストを抑えてラムダッシュの性能を手に入れたいならES-ST2N

ドライ剃りの頻度が高い場合は上位モデルから検討するのが良いかと思います。付属品の有無やカラーリングなどの好みも考慮しつつ、最適なモデルを選びましょう。

【製品ラインナップ】

スムースローラー搭載スムースローラーなし
ES-ST8N-R
ES-ST8N-N
ES-ST6N-A
ES-ST6N-S
ES-ST2N-W
ES-ST2N-K
ES-ST2N-R
ES-ST8N-RES-ST8N-NES-ST6N-AES-ST6N-SES-ST2N-WES-ST2N-KES-ST2N-R
密着スイングヘッド固定ヘッド
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想

スマホやディスプレイサイズが小さい場合は比較表が横にスクロールできます。

*内容は製品発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

panasonic_model_banner

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る