髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

海外旅行先で電気シェーバーの変圧器や変換プラグは必要?機内持ち込みはできるの?

      2016/03/03

日本のホテルでは、使い捨てのカミソリが当たり前のように置いてありますが、海外では置いていない場合が多いです。急な海外出張や海外旅行などで「毎日の髭剃り」をどうすればいいのか、初めての人は戸惑うでしょう。

特に、「T字カミソリ」や「電気シェーバー」は、機内に持込できるのか?さらに、国内で購入した電気シェーバーは海外でも使えるのか?という2点が、一番の疑問かと思います。

電気シェーバーの機内持ち込み

まず、始めに結論から言ってしまえば電気シェーバーの機内持ち込みはOKです。ほとんどの航空会社で持込みは禁止していないため安心して持っていけます。

例えばJALの国際線公式サイトを見ても、「電子機器類の使用に関するご注意」の「作動時に電波を発しない状態にあるもの」の欄に「電動シェーバー」が挙げられています。つまり、搭乗時から飛行中なども規則としては利用できることになっています。

参照:http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/

ただし、周囲にペースメーカーをつけている方がいらっしゃたり、周囲の方に迷惑が掛からないよう配慮しましょう。できることなら、搭乗前に済ませておくかトイレなどで使用するのが望ましいかと思います。また、不意に鞄の中などで電源が入らないようにケースなどに入れておくと安心です。

変圧器や変換プラグについては、少し注意が必要なので後述します。

 

T字カミソリの機内持ち込み

T字カミソリに関しては、刃がむき出しになっているため航空会社によって扱いが異なります。

例えば、成田国際空港公式WEBサイトのセキュリティガイドによると、「カミソリなどの刃物類は機内への持ち込みが禁止されているため、スーツケースの中に入れ、チェックインカウンターでお預けください。 」と記述されています。

参照:http://www.narita-airport.jp/jp/security/faq/faq-07.html#617

米国便なども刃物に関する機内持ち込みは厳しいため、スーツケースの中に入れてチェックインカウンターで預け入れるのが一般的です。ただし、利用する航空会社によって対応は異なりますので、サイトを確認するか問い合わせてみるのが確実でしょう。

あまりこだわりが無いのであれば、電気シェーバーにするのが一番無難かと思います。

 

電気シェーバーの変圧器や変換プラグについて

adapter (4)

基本的に、電気シェーバーに関しては変圧器は不要です。ここ数年で日本国内で発売された電気シェーバーのほとんどが、対応電圧100V-240Vになっているはずです。使用している電気シェーバーのアダプターを確認してみてください。あまりに古いものでない限り、ほぼ海外で使用可能な電圧です。

adapter (2)

注意しなければいけないのはコンセントのプラグ形状です。日本でお馴染みのコンセントの型番はA型。それに対し、北米や中米などではB型、ヨーロッパなどではC型やSE型がみられます。

http://wikitravel.org/shared/File:800px-Map_of_the_world_coloured_by_type_of_plug_used.png

http://wikitravel.org/shared/File:800px-Map_of_the_world_coloured_by_type_of_plug_used.png

参照:http://wikitravel.org/ja/世界のプラグと電圧

例えば、イタリアの場合はCタイプかSEタイプ、イギリスの場合はBFタイプ(=Gタイプ)です。アジアではシンガポールがBFタイプ、韓国はA、C、SE、台湾はAかOタイプです。

adapter (3)

電気シェーバーの電圧はほぼ全世界対応ですが、コンセント形状はAタイプです(日本国内で購入した場合)。変圧器はいりませんが、コンセントのプラグを変換するものが必要になります。現地ではなかなか探すのは大変ですので、国内で準備しておくことをオススメします。

これさえ持っていればどの国にいても大丈夫!ほぼ全世界対応のゴーコン

参考までに有名なのが、ゴーコンとゴーコンタップ。これらを持っていれば、ほぼどの国にいっても電源プラグに困ることはないでしょう。実際に海外で利用した人の評価やレビューも高く、間違いない品です。

3口タップと差込形状変換プラグの組み合わせで、ほぼ世界中のプラグに対応しています。電気シェーバーだけでなく、ノートPCやスマートフォン、デジカメなど充電が必要な物を持ち込むことが多いと思いますので、ゴーコンのタップとプラグを持っていると安心です。2つを組み合わせて使用します。

ゴーコンW2は50g、ゴーコンタップは約120gと軽量でコンパクトなのも魅力。海外ホテルのコンセントは数が少ない場合が多いので、1箇所で3つのコンセントを使用できるのは便利です。

 

その他の注意点

電気シェーバーに関しては、プラグに注意。T字カミソリに関しては預け入れなどをし、できれば航空会社へ確認をとることが大事です。

最後に、髭剃りの際に使用するジェルやフォームを持ち込む際の注意点があります。2007年から機内への液体物の持ち込みは制限されるようになりました。この液体物には女性用の化粧品だけでなく、シェービングジェルなども含まれます。

持ち込む際は、100円ショップなどで購入できる100ml以下の容器に詰め替え、さらにその容器をジッパー付きの透明の袋に入れる必要があります。ジップロックなど身近に手に入るもので大丈夫です。少々面倒ですが、液体物の取扱に関しては厳しいため致し方ありません。スプレータイプのシェービングフォームに関しては持ち込みができない場合が多いです。預け入れは可能だと思いますので、こちらも利用する航空会社のサイトなどで確認するようにしましょう。

海外でも快適なシェービングが行うために、国内で事前に準備しておくことをおすすめします。出発寸前に準備し始めるとあれも用意しなきゃ、これも買わなきゃと精神的にも焦ってしまい、余計なトラブルを引き起こしがちです。余裕を持った前準備で快適な旅を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


  関連記事

エタノールで電気シェーバーを殺菌・消毒する方法
▼目次1 ヒゲくずや雑菌は電気シェーバーの宿命?2 シェーバーを徹底的に殺菌・消 ...
手軽なヒゲ剃り??Lightningコネクターから給電できる「ライトニングシェーバー」を簡易レビュー
▼目次1 iphoneでどこでも手軽にヒゲ剃り!「ライトニングシェーバー」 の簡 ...
電気シェーバーとT字カミソリの維持費(ランニングコスト)を比較してみた
▼目次1 T字カミソリと電気シェーバーはどちらが安上がり?2 まずは本体価格2. ...
高級シェーバーはなぜ売れるのか?メーカーの「音」へのこだわり
▼目次1 なぜ人は高級なシェーバーに手をのばすのか2 高級シェーバーの性能面以外 ...
重曹を使ってシェーバーの「臭い」や「皮脂汚れ」を落とす方法
▼目次1 洗ってもなかなか落ちない「臭い」や「皮脂汚れ」2 重曹を使ったお手入れ ...
BRAUN「M-90」とPHILIPS「PQ209/17 | PQ220/19」の騒音値・駆動音
▼目次1 モバイルシェーブM-90/ポータブルシェーバー(PQ209/17|PQ ...
シェーバーの電源コード(充電アダプター)を無くした場合はどうすればいいの?
▼目次1 シェーバーの充電ケーブルが見つからない!!2 公式通販サイトから購入で ...
電気シェーバーを2台持つメリットは意外と多い
▼目次1 電気シェーバーを2台持ちすることで得られるメリット1.1 1. 予備と ...
「充電式と交流充電式の違い」と「バッテリーの違い(リチウムイオンとニッケル水素)」を覚えておくとシェーバー選びに役立ちます
▼目次1 充電式と充電交流式の違いをチェック1.1 自分にあったモデルはどちらの ...
T字カミソリと電気シェーバーを上手に使い分けていますか?それぞれのメリットやデメリットを理解して、快適なシェービングライフを送りましょう
▼目次1 T字カミソリと電気シェーバーのメリット、デメリットの違いを理解していま ...

ページトップへ戻る