髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

フラッグシップモデルシェーバー3機種(シリーズ9/9000シリーズ/ラムダッシュ5枚刃)を実機比較

 

braun_philips_panasonic-lamdash (2)

電気シェーバーシェアの9割以上を占めるといわれる3大メーカーといえば、ドイツのBRAUN、オランダのPHILIPS、そして日本のパナソニック。髭が濃い、肌が弱いといった悩みがあって高性能なシェーバーを選ぼうとすれば必然的にこの3つのメーカーが候補に挙がる場面も多いかと思います。

電気シェーバーを選ぶ際にはそれぞれのメーカーが強みとする性能や特徴を知っておくことが大事です。

このページでは、3つのメーカーのフラグシップモデル(最上位機種)を、実際に私が使用してみて感じた特徴やメリット・デメリット(良い部分・悪い部分)を述べています。髭質や肌によって感じ方は人それぞれですが、ひとつの参考になれば幸いです。

master-seisitsu

筆者の髭質はくせが多く硬め、肌はカミソリだとすぐ負けてしまう敏感肌です。好きな食べ物は寿司ともつ煮です。

 

BRAUN・PHILIPS・パナソニックそれぞれの最上位モデルを比較


電気シェーバーはいつも筆者が自腹で購入しています。どのメーカーの信者というわけでもないため中立な立場から評価し、長所も短所もありのままお伝えしていきます。

使用型番
・BRAUN シリーズ9 9090cc
・PHILIPS 9000シリーズ S9522/26
・Panasonic ラムダッシュ5枚刃 ES-LV9A

ちなみにPHILIPSのみ厳密には9000seriesの最上位モデル(S9711V/33)ではなく、S9522/26という型番。個人的に最上位型番に付属するアタッチメントは別売りのものを持っていたため、ヒゲトリマーや洗顔ブラシなどのアタッチメントが付属していない型番を購入しています。

の数はあくまで筆者の主観(ドライ剃り時)での評価です。髭質や肌によって感じ方は個人差がありますのでご了承ください。

BRAUN シリーズ9の個人的評価

braun_philips_panasonic-lamdash (3)

モデル:9090cc

深剃り
肌への優しさ
早剃り
ヒリツキのなさ
充電時間  1時間
使用可能時間  45分


BRAUNのシリーズ9は四枚刃往復式シェーバー。中央の2つのトリマー刃が特徴的でクセ髭に強い。

2つのトリマーのうち青い刃は「極薄リフトアップ刃」という名称で、非常に薄く加工された金属面が「寝たヒゲ」の下に入り込み起こし上げてカットする役割がある。

さらに、その横に並んだ「くせヒゲキャッチ刃」というトリマー刃が、様々な向きの髭もカットする。これら2つのトリマーがカットした髭を、両端の網刃部分がしっかり根本からカットするため、髭に癖があったりする人でもワンストロークでの剃り残しが少ない。

braun9090cc-review (22)

ヘッドを押し付けた際も、外刃がそれぞれ独立して浮き沈みするため肌の曲面に沿ってシェービングが可能。

ただし、ヘッドの首振り性能は前後に20°の可動のみ。ラムダッシュ5枚刃シリーズは前後、左右、上下にヘッドが可動するため肌への追従性は一歩劣る印象。また、深剃り性能だけをみてもラムダッシュ5枚刃には若干劣るが、その分ヒリツキ感はラムダッシュより少ない。

ラムダッシュはストローク数が増えれば増えるほど、押し付ければ押し付けるほど肌がヒリツイてくるが、シリーズ9は比較的マイルドな剃り心地なのである程度時間をかけても肌に優しい。

ヒゲが濃い、クセヒゲが多い人におすすめ

braun9090cc-review (8)

PHILIPS 9000シリーズに比べると、深剃り性能は天と地の差ほどある。9000シリーズで剃りあげた髭をシリーズ9で剃ると「あれ、朝剃ってきたんだけどなぁ」とBRAUNモーニングレポートばりの気分になる。音波振動が肌を震わせながら剃るため、髭の露出効果もある。

ただし、早剃り性能や深剃りはラムダッシュ5枚よりは一歩劣るため、とことんそちらを追求したい人はラムダッシュにすべき。

シリーズ9は比較的肌が弱め、髭が濃い目の人におすすめできるだろう。他社の往復式シェーバーで肌がヒリつく、だけれど回転式シェーバーでは物足りない。そんな人にはピッタリかと思う。

特に、クセヒゲに対するカット性能が高いため、髭が寝がちな人にも最適。

BRAUN シリーズ9の性能比較表はこちら

 

PHILIPS 9000シリーズの個人的評価

braun_philips_panasonic-lamdash (4)

モデル:S9522/26

深剃り
肌への優しさ
早剃り
ヒリツキのなさ
充電時間  1時間
使用可能時間  50分


PHILIPSの9000シリーズは、肌への優しさが優れている一方で深剃り性能は往復式に比べれば劣る。髭が濃ければ濃いほど、シェービングにかかる時間も比例して長くなる。筆者は首元や頬まで濃いヒゲがあるが、全体を剃り終えるまで10~15分は掛かってしまった。

だが、髭が濃い人には向かないかと言われればそういうわけでもなく、肌が弱いのであればある程度の深剃り具合(多少のザラつき)で妥協してしまうというのも髭剃りのひとつの手である。

例えば、深剃りしようとゴリゴリ押し当てすぎて赤くなった肌と、回転式で肌に負担を掛けずにある程度深剃りできている肌、どちらの見た目が良いかは明白。

肌をヒリヒリさせながら会社や学校に行く朝ほど憂鬱なものはないだろう。回転式なら肌が赤くなったりする心配も減る。

philips9000-headmittyaku

ヘッドの密着性においては最も優秀。特に喉仏など凹凸の激しい場所でも8方向に可動するヘッドがしっかり剃り上げてくれる。くるくる回しながら剃るのが正しい剃り方。

深剃り性能は往復式に劣ると前述したが、しっかり片方の手で「髭出し」をしながらゆっくり時間をかけて剃れば深剃りは可能。初めて回転式を使う人は上手く剃れるまで慣れが必要かと思う。

ちなみに9000シリーズはPHILIPSシェーバーの中では最も深剃り向き。刃には切れ味の鋭い「ダブルVトラック刃」が採用されている。

7000_9000_blade_hikaku  (6)

「>>>>>」と連続したV時形状の外周と、小さな三本の突起で14箇所に区切られた内周部分のホールが特徴的。様々な向きの髭もキャッチしやすく、駆動方式の特性から巻きひげなどもカットしやすい。

philips9000series-review (15)

内刃には改良されたV字刃が採用。刃の先端がV字に角度が付けてあり、外刃のVスリットと挟みこむようにして髭を剃るため引っかかりによる不快感がない。

肌が弱い、敏感肌の人におすすめ

往復式シェーバーに比べれば深剃り性能は劣るが、肌への優しさは極めて優秀。9000シリーズはフラッグシップモデルでありラインナップの中では最も深剃り向きとされているが、往復式のような剃り心地を想像して買うと後悔するかと思う。

比較的ひげが薄い、肌が弱いという人には最適。肌への負担が3モデルの中で最も少なく、ヒリツキがない。ただし、早剃り性能には欠ける。ヒゲくずが飛び散りにくく、駆動音も静か。

髭が濃くとも、肌が弱いという人で「深剃り」よりも「肌への優しさ」を重視するのであれば、選択肢としては有り。

どうしても回転式でがっつり深剃りしたい場合は、ウェット剃りがおすすめである。肌や髭が柔らかくなるため深剃り・肌への優しさともに向上するため、往復式で剃った時のようなツルツル感が得られながら、肌へのダメージはほぼ0という超有能シェーバーに化ける。が、繰り返すように時間はかかる。

ヒゲトリマーや洗顔ブラシといったアタッチメントがある(後述)。またオイル差しが不要なのも魅力的。

PHILIPS 9000シリーズの性能比較表はこちら

 

Panasonic ラムダッシュ5枚刃の個人的評価

braun_philips_panasonic-lamdash (5)

モデル:ES-LV9A-S

深剃り
肌への優しさ
早剃り
ヒリツキのなさ
充電時間  1時間
使用可能時間  42分

 

Panasonicのラムダッシュ5枚刃は国産の往復式シェーバー。旧モデルからの改良点としてスムースローラー(金色の棒)が搭載。肌との摩擦を軽減している。

スムースローラー自体も上下に浮き沈みするため、ストローク中の違和感は全く無く肌すべりは滑らか。プレシェーブローションなしでもスムーズに剃ることができる。

lamdash-ES-LV9A-S-panasonic-blade

5枚刃の構成は中央にトリマー刃、その両端にクセヒゲリフト刃、さらにその両端にフィニッシュ刃という5段構え。外刃自体も非常に薄く根本からカットするため深剃り性能は頭一つ抜けている。

外刃・内刃ともに安来鋼(ヤスキハガネ)を使用した日本製の刃を採用。髭への憎しみでもあるのかと思うほど切れ味抜群で、固い髭もスパスパっと切断していく。ヒゲの引っかかりはまず感じない。

また、家庭用電気シェーバーに搭載されるモーターの回転速度としては世界最速の、毎分約14,000ストローク駆動。早剃り性能においても他社を大きく引き離している。内刃が互いに逆方向に駆動するカウンターバランス機構を採用しているため、手への振動も少ない。

髭が濃く、とにかく深剃りに拘りたい人におすすめ

es-lv9a-s-head

BRAUNシリーズ9は前後に20°動くだけのヘッドだが、ラムダッシュ5枚刃は前後17°、左右20°、上下に2.5mmと可動範囲が広い。そのため、そこまで手首の角度を工夫せずとも勝手に肌に密着してくれる。

とにかく深剃りに拘るなら、ラムダッシュ5枚刃が一番おすすめ。リニアモーター搭載で早剃り性能も高い。PHILIPSで10分かかる髭もラムダッシュ5枚刃なら3分で剃り終わる。とにかく朝忙しい日本のサラリーマンをしっかりターゲットとして意識している印象。個人的にも一番使用頻度が多い。

ただし、深剃り性能が高い分あまりゴリゴリ押し付けたり往復させすぎると肌がヒリついてくる。ヘッドのフロートをロック状態で肌の中に埋もれたヒゲまで深追いしようと押し付ければ出血することも。

コツは基本的に「逆剃り」で、ストローク回数を最小限にとどめるよう自分のヒゲの生えている向きを把握しておくこと。これだけで、シェービング時間はさらに短縮し効率的に優しく深剃りができる。

Panasonic ラムダッシュ5枚刃シリーズの性能比較表はこちら


■選び方のポイント

深剃りしたい 中間 肌に優しく剃りたい
Panasonic
ラムダッシュ5枚刃
BRAUN
シリーズ9
PHILIPS
9000シリーズ


フラッグシップモデルを比較してみた結果、基本的には上記のように考慮し選ぶのが良いかと思いました。もちろん人によって肌の質やヒゲの生え方は異なるため、感じ方は異なる場合もありますが、私のように髭が濃い&敏感肌の人であればある程度の目安として参考にして頂けるのではないでしょうか。

 

チェックしておきたいその他の機能

3つのモデルの細かな違いについても簡単に比較しておきます。

キワゾリ刃(背面トリマー)の違い

braun_philips_panasonic-lamdash (6)

モミアゲや残したいヒゲを整えるのに便利なキワゾリ刃。

シリーズ9、ラムダッシュ5枚刃は背面にキワゾリ刃が搭載されており、上に引き上げる仕組み。一方で、9000シリーズはスマートクリックと呼ばれる「ヘッドチェンジ型」を採用しています。

braun_philips_panasonic-lamdash (7)

キワ剃り刃の他に、ヒゲトリマーや洗顔ブラシなど豊富なアタッチメントが用意されているのも9000シリーズの魅力。

スマートクリック方式について詳しくは以下のページ参照。

 

ディスプレイの比較

braun_philips_panasonic-lamdash (8)

実際に剃っている時は手元で隠れて見えないので充電残量の確認がメイン。にも関わらず、ラムダッシュ5枚刃は「剃るのにかかった時間」まで教えてくれる仕様。発光が一番眩しいです。

※ちなみに上の画像でBRAUNに表示されている水滴マークは「水洗いが必要です」のサイン。ラムダッシュ5枚刃の心拍メーターのようなものは「ヒゲセンサー」の感知具合。PHILIPS9000シリーズはS9711V/33のみ充電残量が%表示。

 

騒音値の違い

参考までに「40db~50db」が一般的な部屋の数値です。70dbを超えると煩いと感じるレベルのdb数。

 90デシベル ・犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)
 80デシベル ・地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)
 70デシベル ・ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭
 60デシベル ・静かな乗用車・普通の会話

dbデシベルの話 音の大きさ

BRAUN シリーズ9の騒音値(db)

braun_philips_panasonic-lamdash (14)


ブィーっという「騒々しい街頭」レベルの大きさ。実際の音は耳触り良くチューニングされているためdb数ほどの煩さは感じないかと思います。

PHILIPS 9000シリーズの騒音値(db)

braun_philips_panasonic-lamdash (13)


3モデルの中では一番静か。夜中に家族が寝ていても気づかれないのではないでしょうか。往復式は内刃の動きが激しいため騒音を発しやすいですが、回転式は駆動方向が一定のため数値も抑えめになるのだと思います。

Panasonicラムダッシュ5枚刃の騒音値(db)

braun_philips_panasonic-lamdash (15)


同じ往復式シェーバーのシリーズ9に比べ少し甲高い音です。数値もラムダッシュのほうが高く80dbは「電車の車内」レベル。ですが、こちらもそこまで不快ではありません。

以下は少々古い記事ですが、日経トレンディさんによればBRAUNやPanasonicにはシェーバーは不快感のない音になるようチューニングが施されているとのこと。毎日使うものですからモーター音も心地よい音に仕上がっているのですね。

実は高級モデルは、音にもこだわっている。「ちゃんと剃る音がすることが満足度につながるので、『ラムダッシュ』はチューニングして満足度が高い音に調整していている。評判は良いですよ」と言うのは松下電器産業。ブラウンの「プロソニック」も、音波振動のために搭載している高速モーターの音がそのまま聞こえると耳障りなので、耳に心地よい周波数帯になるようにチューニングを加えている。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080403/1008853/

 

自動洗浄充電器のサイズ

cleansystem-braun_philips_panasonic_size

置くスペースが限られている人はサイズに関しても要考慮。サイズが最もコンパクトなのはラムダッシュ5枚刃シリーズ。

詳しくは以下のページ参照。
By: Kārlis Dambrāns電気シェーバーの「自動洗浄器のサイズ(BRAUN・PHILIPS・Panasonic)」と「置き場所」の関係


「深剃り」と「肌への優しさ」を天秤にかけると自分に合ったシェーバーが見えてくる

電気シェーバーを買う際、私達が製品に求める要素は多くあると思います。それは見た目や価格、便利な付加機能、愛着あるメーカーなど人それぞれ。

その中でも一番重視するポイントはやはり、「しっかり深剃りできること」と「肌に優しいこと」の2つではないでしょうか。

しかし、「深剃り」と「肌への優しさ」は相反する存在。磁石のプラスとマイナスのようなものです。

深剃りを重視すれば肌への負担は大きくなりますし、かといって肌への優しさを求めれば深剃りからは遠ざかっていきます。

BRAUN、PHILIPS、Panasonicの3社ともフラッグシップモデルは「肌への優しさと深剃りの両立」を売りにしています。正直、カタログだけを見るとどのメーカーも深剃りできて肌に優しいシェーバーに見えてきてしまうことでしょう。そのくらい3社による市場競争は激しくシェアを増やすために必死です。

ですが、実際に3モデルを比較してみるとそこには明確な差がありました。

3大メーカーの最上位モデルから選ぶべき相棒はどれか

flagship3model-electricshaver

例えば、深剃りに強い往復式シェーバーのBRAUN、Panasonicは「音波振動」や「スムースローラー」をはじめ様々な機能やテクノロジーを搭載することで、相反する2つの課題をうまく解消しています。

一方で、肌に優しいPHILIPSの回転式シェーバーは、肌への密着性とV字トラック刃の採用により深剃り性能を高めています。

3メーカーとも「深剃り」と「肌への優しさ」を追求していますが、その特徴は異なります。自分が肌への優しさをとことん追求するのか、それとも深剃りか、もしくは中間くらいを取るか。自分の肌質やヒゲの濃さ、使用環境を考慮することが重要です。

経済の世界は弱肉強食。電気シェーバーも一度使って「あまり良くない」と判断されると次は手に取ってもらえません。紹介した3つの最上位モデルはどれも優秀なプロダクトであることは間違いありませんが、試し剃りができる売り場も減っており全て試す機会はなかなかありません。

かといって適当に勘で選ぶには少々勇気がいる価格帯です。ちなみに3つ全て買うと9万弱かかりました。(白目)

今回のレビュー記事があなたにとって最も最適なモデルを選ぶ参考になれば幸いです。

9090cc
S9521-26
ES-LV9A
シリーズ9
9090cc
9000シリーズ
S9521/26
ラムダッシュ5枚刃
ES-LV9A

往復式・4枚刃回転式往復式・5枚刃
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - BRAUN(ブラウン), Panasonic(パナソニック), PHILIPS(フィリップス) , ,

       

  関連記事

By: Jordan Fischer
パナソニックの3枚刃でなかなか剃れずヒリヒリする人が使うべきシェーバー|自動洗浄器の必要性の有無
▼目次1 購入者の悩み2 刃の枚数は多いほうが肌にやさしい2.1 なぜ往復式シェ ...
PT761-9000series-doublevtrack-change
パワータッチに「ダブルVトラック刃」を搭載して深剃り性能をアップさせてみた【替刃交換】
▼目次1 パワータッチは価格が安い反面、ヒゲが濃い人にはスペック不足1.1 パワ ...
lamdash-es-lv9a-s-review (40)
電動シェーバーのバッテリー交換と替刃交換のコストを考えると、本体を買ったほうが安く付く場合もある
▼目次1 購入者の悩み2 バッテリー交換代は結構高くつく2.1 Amazonの「 ...
By: Jennie Faber
ヒゲが濃い人が使うべきシェーバーは一体どれなのかを考える
▼目次1 購入者の質問2 ひげが濃い方の悩みと願望3 ひげが濃い人はどの電気シェ ...
shaver_event2
新しいラムダッシュ5枚刃を実際に体験できる!「タッチ&トライイベント」をパナソニックが全国5都市で開催
パナソニックより2015年秋に新登場したラムダッシュ5枚刃シリーズの新モデルが、 ...
3dzaiko
「フィリップスのセンソタッチ3Dはもう売ってない?」本体は市場に流通している在庫のみなので、購入するならお早めに
▼目次1 同じモデルを購入したいなら早めの注文を1.1 センソタッチ3Dの在庫が ...
PQ208-review (17)
旅行や出張、携帯に便利なPHILIPSのポータブルシェーバー「PQ208」購入レビュー
▼目次1 ポケットにも入るコンパクトな携帯用シェーバー「PHILIPS PQ20 ...
By: ajari
中学生男子などの初めての髭剃りにピッタリのシェーバーはこれ!
▼目次1 スティックシェーバーは初めてのヒゲソリにぴったり2 気になるニキビも避 ...
lamdash-es-lv9a-s-review (8)
【匠の技術と最先端テクノロジー】Panasonicラムダッシュ5枚刃「ES-LV9A」の製品レビューと感想
▼目次1 「匠の技術」と「最先端技術」が融合したジャパンメイドの最高傑作、ラムダ ...
bt722015-maintenance-3
バキュームヒゲトリマー「BT7220/15」のお手入れ方法
▼目次1 お手入れ方法1.1 トリマー刃やコームは水洗いOK1.2 ヒゲトリマー ...

ページトップへ戻る