髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

電気シェーバーにおすすめな「プレシェーブローション」の種類と役割

preshavelotion-hikaku (14)

プレシェーブローションの役割

電気シェーバーは手軽に使用できるのが利点ですが、いざ剃ろうと肌に当てた時に「滑りが悪い」「引っかかる感じがする」なんて経験はありませんか??

シェーバーのヘッドは面積が大きいため、肌が汗ばんでいたりベタついていると滑りが悪くなります。その状態でシェービングすると剃り残しや肌へのダメージの原因に。また、何度も往復させることで肌との摩擦が生じヒリツキを起こしてしまいます。

プレシェーブローションにはシェーバーの滑りを良くする効果があり、肌とシェーバーとの摩擦を低減させます。さらにヒゲを立たせる役割もあるため深剃りもしやすくなります。滑りが悪いまま押し付けて剃ったりせず、シェービング前にはなるべくプレシェービングローションを使用しましょう。

 

プレシェービングローションの種類

プレシェービングローションには、大きく「ローションタイプ」「ジェルタイプ」に分けられます。薬局やアマゾンなどでも比較的容易に入手できる製品もあります。

ローションタイプはサラッとした液体で速乾性があります。ジェルタイプは粘液性で液ダレの心配がありません。


どちらも国内メーカーのものは肌表面をさらさらにするパウダーを含んでおり、肌とシェーバーとの摩擦を軽減する効果があります。人気があるのは液ダレしにくて塗りやすいジェルタイプのようですが、ローションタイプも液ダレしないよう量を調節してやれば速乾性があり、すぐに剃れるという利点があります。この辺りは個人の好みになるでしょう。

パウダー配合のものは乾燥後、サラサラとした感触になります。シェービング後はプレシェーブローションを洗い流し、保湿液などを使用すると良いでしょう。パウダー無配合のものは透明でしっとり感も強いので乾燥肌の人にもおすすめです。

sirosikaku
success
GATSBY-preshave
uno_preshave
dhc-preshave
aramis-preshave
WELEDA-preshave
メーカーサクセスGATSBYウーノDHCアラミスヴェレダ
タイプローションローションジェルジェルローションローション
パウダーありありありありなしなし
しっとり感★★★★★★★★★★
容量100ml140ml100ml140ml100ml100ml
感想・レビューレビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想

スマホやディスプレイサイズが小さい場合は比較表が横にスクロールできます。

海外製のプレシェーブローション

lab-series-electric-shave-solution (64)

また、海外製のローションになりますが、アラミスやヴェレダのプレシェービングローションも人気があります。

国内製品と比べると高価ですが、保湿作用や肌の引き締め効果が優れているとされます。オイル成分がヒゲに浸透しやすいため柔らかくなり、肌への負担を減らしながら深剃りがしやすくなります。

刺激も比較的少ないため、もし他のプレシェービングローションが合わない、乾燥するという方は試してみる価値があると思います。しっとり感があるのにシェーバーの滑りが良くなるので、冬場などにもおすすめです。

 

メーカーごとのプレシェーブローションの違いを比較検証

preshavelotion-hikaku (5)

用意したのはサクセスの「ローションタイプ」、unoの「ジェル(乳液)タイプ」、アラミスラボの「パウダー無配合ローション」です。この3つの違いを比較したいと思います。

preshavelotion-hikaku (25)

見やすいように黒い不繊維の上に乗せてみました。左から「サクセス」「uno」「アラミスラボ」と並んでいます。アラミスはパウダーを配合していない為、無色透明なのが分かるかと思います。

ローションタイプのサクセスはサラッとしている分、こぼれやすいため肌に塗る際は少し注意が必要かもしれません。ジェル(乳液)タイプのunoは粘液性が高く液だれも全くありません。アラミスはその中間くらいの粘液性です。

臭いはサクセスが強く、人によっては好みが別れると思います。unoとアラミスは無香料です。

5分乾燥させた様子

preshavelotion-hikaku (82)

↑サクセスは乾燥するとパウダー成分が残ります。このパウダー粒子により滑りがよくなりますが、シェービング後は洗顔しないと気になるかもしれません。パウダー自体は水で簡単に洗い流せます。

preshavelotion-hikaku (78)

↑unoも同じくパウダー成分が残ります。ですが速乾性が無いためある程度のしっとり感は残ります。肌へ伸ばしやすい粘液性です。こちらもある程度パウダーが残るため気になる方は洗顔して洗い流したほうが良いでしょう。

preshavelotion-hikaku (85)

↑アラミスラボは透明状のままです。パウダー成分も配合していないため、粉が残ることはありません。またアルコール分で液体が飛ぶことも少ないため、いつまでもしっとりとした状態です。肌への刺激が最も少ないのもアラミスでした。

粉残りをどう考えるか。プレシェーブは基本的には洗い流すべき。

preshavelotion-hikaku (64)

基本的にプレシェーブ後は、ぬるま湯などでサッと洗い流すことをお薦めします。特にパウダー成分は白く残りやすいため、肌へ付着したヒゲクズなどと一緒に洗い落としてしまいましょう。

preshavelotion-hikaku (68)

アラミスラボ製品のようにパウダーを含んでいない製品は粉残りがありません。ローションのオイル成分がヒゲくずもまとめてシェーバー内に取り込みます。

ただし、オイル成分によりヒゲくずが顔に残りやすく少しベタつく感覚があるかもしれません。使用後はぬるま湯などでさっと洗い流すことをおすすめします。パウダータイプが合わない、または乾燥・敏感肌の人などは是非選択候補に入れてみてください。

 

【関連記事】
utena-mens-lotion (9)アフターシェービングケアに最適なローション・乳液のまとめ

ご注意:当サイトの商品情報はお客様が商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。使用前には商品ラベルや注意書きをよく読み、アレルギー体質の方や肌に疾患のある方などはかかりつけの医師にご相談のうえご購入ください。使用後に何らかの体の不調がみられた場合は使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る