髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

マルチグルーミングキットQG3380のフルメタルトリマーを手入れする方法

      2016/09/28

qg3380-maintenance-1

ヘアー・ボディ・ヒゲと様々な用途に使用できるPHILIPSのマルチグルーマーQG3380にはヘッドにフルメタルトリマーが採用されています。

このモデルは本体ごと水洗いができるため、トリマー部に溜まったヒゲクズなどもサッと洗い流すことが可能です。

ただ、長いヒゲや髪の毛などをカットした後はトリマー部分の内部に毛が溜まりやすく、それらを掃除するのに工具を使って分解する必要があります。

今回は分解方法を簡単に解説していきます。

※分解はメーカー保証外となるため自己責任にて行って頂くようお願いします。

QG3380トリマー部分の分解・お手入れ方法

①フルメタルトリマーのボルトを外す

qg3380-maintenance-2

六角レンチを使って逆時計回しにボルトを二箇所外していきます。

今回使用する工具は六角レンチのみですが、パッケージには付属していないため別途購入しなくてはなりません。

qg3380-maintenance-10

サイズは2ミリのものを使用します。ホームセンターや100円ショップ等でも購入可能です。


②各パーツをしっかりと水洗い・乾燥させる

qg3380-maintenance-3

ボルトを二箇所外すと3つのパーツに分かれます。普段の水洗いでは流しきれなかった毛がだいぶ絡まっていました。

使い古した歯ブラシなどで軽く擦るように洗うと、パーツに絡んだ毛も落ちやすいです。バネ部分も取り外せるため邪魔な場合は一度取り外してしまうと良いでしょう。

qg3380-maintenance-4

汚れを落としたら水気を切り、しっかりと乾燥させます。変形の恐れがあるため直射日光に当てたりドライヤーなどは使用しないでください。

■臭いが気になる場合は?
もしベタつく感じがする場合や、ニオイが気になる時は中性洗剤で洗うか重曹へ浸け置きしておくと効果的です。
重曹を使ってシェーバーの「臭い」や「皮脂汚れ」を落とす方法


③パーツをもとに戻していきます

qg3380-maintenance-6

2重のトリマー部分は溝に合わせてはめ込みます。この部分が左右に高速で駆動するため摩擦抵抗を減らすためにベタッとオイルのようなものが塗ってあると思います。

メーカーではオイル差しは不要としていますが、もしオイルが切れているような場合はシェーバーオイルなどを挿してやると動きがよくなります。

PHILIPSからはオイルは発売されていないため、今回はPanasonicのシェーバーオイルを使用しました。電気シェーバーを買った時のオイルが余っているという方はそちらを使用するのもよいと思います。

qg3380-maintenance-5

↑白いプラスチック部分の突起を、メタル部分の溝に合わせます。

qg3380-maintenance-7

↑トリマーの「バネ部分」を黒いプラスチックパーツに合わせてはめ込みます。

qg3380-maintenance-8

↑指で上下を抑えながら、ボルトを閉めていきます。外した時とは逆に時計回しです。


④本体に装着し動作確認

qg3380-maintenance-9

最後に本体へ装着しスイッチを入れ、異音がしないか、パーツのガタツキがないかなどを確かめましょう。

今回のようなメンテナンスはちょっと手間ですが、髪の毛など長い毛をカットした後やトリマーの動きがおかしいと感じたら定期的にお手入れしてあげることで製品寿命も延びるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


  関連記事

電気シェーバーの「自動洗浄器のサイズ(BRAUN・PHILIPS・Panasonic)」と「置き場所」の関係
▼目次1 実際に自動洗浄器のサイズを測ってみた1.1 正面から見たサイズ1.2 ...
1万円台で購入できるお風呂剃り対応シェーバー|PHILIPS・BRAUN・Panasonic
▼目次1 【BRAUN】お風呂剃り対応シェーバー「シリーズ5 5040s」1.1 ...
バキュームヒゲトリマー「BT7220/15」のトリマー刃を分解メンテナンスする方法
▼目次1 バキュームヒゲトリマー「BT7220/15」のトリマー・細部トリマーの ...
旅行や出張、携帯に便利なPHILIPSのポータブルシェーバー「PQ208」購入レビュー
▼目次1 ポケットにも入るコンパクトな携帯用シェーバー「PHILIPS PQ20 ...
肌にやさしいシェーバー「PHILIPS 7000シリーズ」を実際に使用した感想・製品レビュー
▼目次1 PHILIPS(フィリップス)史上もっとも肌に優しいとされる「7000 ...
パワータッチの現行型(PT764/14)と旧型(PT725A)の違い
▼目次1 旧パワータッチ(PT725A)と新パワータッチの違い(PT764/14 ...
パワータッチに「ダブルVトラック刃」を搭載して深剃り性能をアップさせてみた【替刃交換】
▼目次1 パワータッチは価格が安い反面、ヒゲが濃い人にはスペック不足1.1 パワ ...
清潔感のあるヒゲを目指すならヒゲトリマーがおすすめ!フィリップスQT4022Nを使用した感想・製品レビュー
▼目次1 伸ばした髭を整えよう!フィリップスのヒゲトリマー「QT4022N」を購 ...
PHILIPS 9000/7000/5000シリーズに搭載される刃の違い(SH90/51・SH70/51・SH50/51)
▼目次1 9000/7000/5000シリーズにおける搭載刃の違い1.1 搭載刃 ...
電気シェーバーの「バッテリー・替刃交換のコスト」を考えると、本体を買ったほうが安く付くケースもあります
▼目次1 バッテリー交換代は結構高くつく1.1 パナソニック ラムダッシュシリー ...

ページトップへ戻る