髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

パナソニック(Panasonic)シェーバー

Panasonicシェーバーを選ぶときのポイント!

 
  朝の忙しい時間帯にシェービング時間を短縮したいならラムダッシュ。


Panasonicのラムダッシュシリーズは独自のリニアモーター搭載により回転数が速く、他メーカーより早剃り性能が極めて高い。

また、電気シェーバー市場唯一の5枚刃ヘッド、日本刀の原材料として知られる安来鋼(ヤスキハガネ)の採用、肌に密着する前後左右上下への首振り性能など、独自の技術が詰め込まれている。

髭が濃く、とにかく深剃りしたいという人には現状ではラムダッシュシリーズが最もお薦め。お風呂剃り対応・非対応モデルがあるため、ウェット剃り派は要確認。


 

Panasonicシェーバーのラインナップ一覧

 

Panasonic製品のレビュー・関連記事はこちら

DSCN7064フラッグシップモデルシェーバー3機種(シリーズ9/9000シリーズ/ラムダッシュ5枚刃)を実機比較
ES-LV9A_9090cc (13)BRAUN「シリーズ9」とPanasonic「ラムダッシュ5枚刃」を比較|往復式シェーバー
lamdash_ES-ST8N (40)Panasonicラムダッシュ3枚刃「ES-ST8N-R」のレビューと旧モデルとの比較
lamdash-es-lv9a-s-review (8)【匠の技術と最先端テクノロジー】Panasonicラムダッシュ5枚刃「ES-LV9A」の製品レビューと感想
lamdash-es-st29 (9)【日本製の底力】Panasonicラムダッシュ3枚刃「ES-ST29-W」の製品レビューと感想
es-st29_5040s_ (4)【ウェット剃り対応モデル】パナソニック「ES-ST29」とブラウン「5040s」の違いを比較
er-gn50review-16カット後の鼻毛を吸い込む!パナソニック「エチケットカッターER-GN50」の簡易レビュー

 

パナソニック(National)シェーバーの歴史

1955
松下電工より電気シェーバーの第一号機「MS10」が誕生

1970~
CompuShave ES850
ES850
1981
スーパーレザー ES861
ES861

 

カミソリのように石鹸をつけてヒゲを剃るというシェーバーの新しい概念を生み出した「スーパーレザーシリーズ」が誕生。水洗いも可能な防水加工も施されました。

1988~
カーボチタン VES323
ES323

 

深剃りを追求したV字の刃を採用した「カーボチタンV」シリーズが発売。“黒牙”の異名でシェーバー市場でもトップに踊り出ます。翌年にはグッドデザイン賞も受賞。この頃から深剃り・早剃りを意識したモデルも登場するようになりました。

スーパーレザー Titan (ES344)
ES344
ウェット&ドライシリーズも登場。

1991
ツイン&フロート ES702 

es702
2枚刃シリーズが登場。日本人の肌を意識したフロート機構を採用し、独自のトルソーデザインはその後のシェーバーの見本ともなる形となります。

1995
リニアスムーサー ES881 

es881 
世界初のリニアモーター駆動のシェーバーを発表。内刃を毎分12,000ストロークという早さで駆動させパワフルに深剃り・早剃りを可能に。ヒット商品となる。

2002
3枚刃ラムダッシュ ES8093
es8093

現在でもシリーズが続いているラムダッシュの初代モデル「ES8093」。後の人気シリーズ「ラムダッシュ」のDNAが誕生。

30do三枚刃となり内刃には、“鋭角30度”を採用。この鋭角は現在のモデルでも変わらず採用されているほどの理想の角度とされている。その他にもリニアドライブ、フロートヘッドなど現行のモデルにも受け継がれる機能が搭載され、今なお進化を続けている。

"ELECTRIC SHAVER MUSEUM. http://pedewei.home.xs4all.nl/index.htm, (参照)


 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る