髭剃り倶楽部.com

おすすめの電気シェーバー・髭剃りの紹介と選び方をサポートするサイトです。

BRAUN(ブラウン) グルーミングシリーズの性能比較表(BT5030 / BT5010 / MG5050 / HC5030)

ヒゲやヘアスタイルを自在にデザインするグルーミングシリーズ

2016年に発売されたブラウンの「グルーミングシリーズ」は4モデル展開。旧モデルにあたる「cruZer(クルーザー)」シリーズから刷新され、より細かい長さ調節が可能になりました。

例えば、ビアードトリマー(ヒゲトリマー)は旧モデルで4段階調節だったものが新モデルでは0.5mm刻みで20段階となり、より自由な長さに対応できるようになっています。

(旧モデルとの比較)

旧モデル
(cruZerシリーズ)
新モデル
(グルーミングシリーズ)
cruZer6 faceBT5030
- トリミングアタッチメント
1.4mm 刻み・4 段階
(1.2 - 6mm)
トリミングアッタッチメント
0.5mm 刻み・20 段階
(1 - 10mm)

 

グルーミングシリーズ一覧(2016年発売モデル)

スマホやディスプレイサイズが小さい場合は比較表が横にスクロールできます。

sirosikaku
BT5030
BT5010
MG5050
HC5030
モデル名BT5030BT5010MG5050HC5030
長さ切り替え0.5mm 刻み・20 段階
(1 - 10mm)
0.5mm 刻み・20 段階
(1 - 10mm)
4段階(1.2mm、2.8mm、
4.4mm、6mm)
ショート(3~24mm)
ロング(14~35mm)
用途ヒゲヒゲヒゲ髪の毛
まるごと水洗い
電源方式充電交流式充電交流式充電交流式充電交流式
電池の種類ニッケル水素(Ni-MH)
充電時間8時間 8時間 1時間8時間
使用可能時間40分40分30分50分
重量155g 155g 158g178g
感想とレビューレビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想
レビュー
感想

2017年に発売した4モデル(BT3040 / BT3020 / MGK3020)の性能比較表はこちら

BT5030とBT5010の違い

BT5030とBT5010は「ビアードトリマー」であり、ヒゲを整える用途に最適なモデル。長さの調節は使い勝手の良いダイヤル式タイプで、モミアゲやツーブロックの手入れにも使用可能です。

screenshot_17

BT5030とBT5010の両者とも基本性能は同等でありカラーリングが異なります。(BT5030のみソフトポーチが付属)

MG5050について

「マルチグルーマー」と名称が変わり型番もMG5050と刷新されてましたが、旧モデル「cruZer5 face」のアタッチメントの色が変わっただけで性能の違いはありません。


マルチグルーマー「MG5050」の特徴はヒゲを整えるだけでなくシェービングも可能な点。1枚刃の往復式シェーバーとしても使用できるため、これ1台でヒゲを残す部分とキレイに剃る部分を使い分けることができます。回転する2パターンのトリマー刃も搭載しておりヒゲの角を落としたり形作る用途にも活躍します。

また、グルーミングシリーズで唯一急速充電が可能なモデルとなります。(1時間でフル充電)

HC5030はヘアーカット用

HC5030は「ヘアークリッパー」という名称で販売されており、髪の毛を刈る用途に特化したモデル。

(イメージ)By: Daniel Zedda

(イメージ) By: Daniel Zedda

ショートスタイル(長さ3~24mm)用にショートトリミングアタッチメント、ロングスタイル(長さ14~35mm)用にロングトリミングアタッチメントが付属。

ロングスタイル用といっても3.5cmまでの長さにカットされてしまうため、基本的には短髪にしたい人向けです。

サイドやトップで長さを変えてグラデーションをかけた坊主スタイルはもちろん、伸びてきたツーブロックの手入れなどにも最適です。

ブラウン グルーミングシリーズのラインナップ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ページトップへ戻る